サイドバー固定

P2Gから復帰したおっさんがモンハンワールド(MHW)をクリアした感想と評価(前編)

スポンサーリンク

2018年1月26日に発売されたモンハンワールド、私も友人から一緒にプレイしないとか誘われ、PS4とモンハンワールド(MHW)のソフトを発売日に一気買いしてプレイし始めました。

そして寝る間も惜しんで体調を壊しましたが先日クリアしてそろそろブログでも書くか~となってきたので感想とか評価とか買うか悩んでいる人たちの参考になれば幸いと思い、書かせていただきます。

まずモンハンワールド(MHW)をプレイした感想を一言で表しますと

神ゲー

これに尽きます。めっちゃ面白くてどハマりしてます笑

記事タイトルにはP2Gから復帰とありますが一応トライ以外は全部一通り触ってます。ですが、どれもピンとこず村クエを一応クリアしてそのまま売ってしまいました。

正直モンハンワールドも友人に強引に進められて半ば話を合わせるために購入した感じで、友人に適当に合わせて終わるつもりでした。

しかし、やってみると余りにも神ゲーすぎて最近は1人でも普通にプレイするようになってしまいました。(まあ複数人でやるのが一番楽しいんですけど笑)

このモンハンワールド(MHW)はシリーズ最高傑作だと自信をもって私は主張したいです。

いや本当にすごいです。マジで神ゲーです。凄いところがいっぱいありすぎて簡単に語れないのでプレイして凄いと思った点を1つ1つ書いていきます。

グラがめっちゃキレイ

今作はPS4がハードなだけあってグラフィックがとてもキレイです。4とかXとかは3DSだったのでグラが荒く、これが今にして思えば自分がモンハンに萎えていた理由の一つだったんじゃないかなと思います。

一応こちらが3DSのモンハンXXのプレイ画面(画像は2枚とも拾い物です)

まあもう次元が違いますよね。据え置きでモンハン?って最初は思っていたんですけど据え置きの性能は凄いですね。

フィールドがすごい

モンハンといえばいつもお馴染みの平面のマップを走り回ってモンスターをしらみつぶしに探すゲームですが、今作はマップがすごいです。

というのもフィールドマップに上下構造があり、ほとんどが三階建てとかになっていて単に走り回って探索するだけでも飽きません。

そしてグラフィックも3DSではなくPS4なので滅茶苦茶キレイですし、とても臨場感があってすごく楽しかったです。

しかもハードの性能が上がったおかげで今作はエリア移動のロード時間が無くなりシームレスになったためマップを走っていても全然ストレスがありません。

スポンサーリンク

システム周りが革命的に改善されている

加えて、今作はスリンガーや楔虫を使うと長い崖を上るのとかもめっちゃ早いですし、アイテムも昔みたいに一々しゃがみ込んでガサガサすることもなく〇を推すだけで拾えるようになりた。

また、ピッケルや虫あみがなくても昆虫や鉱石の採掘ができますし、アイテム欄も剥ぎ取り素材や鉱石は別枠になったのでポーチを圧迫することもなくなり、狩猟に必要なものを目いっぱいもっていけるようになりました。

他にもモンスターと戦闘していない間はスタミナゲージが亡くなるようになり、モンスターの探索も快適に行えるようになりましたね。

他にも砥石は常備で無限だったりボウガンの弾はポーチとは別枠になったり、これまでのシリーズでストレスだった点がほぼすべて解消され、今までとは全く別のモンハンになっています。

今まで回復薬や薬を飲む際は足が止まってゴクゴクしていましたが、今作からは移動しながら飲めるようになりましたし、キノコや薬草などの植物も移動しながら拾えるようになりました。

そして、大きな点がクエストに途中参加できるようになったのとキャンプでアイテムBOXがあるという点です。

昔は友達とはとやっていても装備やアイテムを持っていくのを忘れたり、クエストにおいて行かれるなんてこともありましたが、今作ではクエストに途中参加できます(開始10分まで)し、装備やアイテムもキャンプで変更できますし猫飯も食べられます。

またダメージも表示されるようになったので、モンスターの弱点や武器のダメージ効率などの研究も過去作より遥かに楽になりました。

こんな感じで今まで強いられていた不便なところが全て改善されており、プレイヤーのできることが大幅に増えているので、これをやったらもう過去作には戻れないと思います。

そういったモーションの革命的な改善という点では、MGS4→MGS5(GZ/TPP)の感覚に近いですね。

途中参加と救難信号でぼっちでも安心

上述したように今作のモンハンワールドからクエストの途中参加できるようになったのも個人的に大きな評価ポイントです。

今までフレンドとプレイしててもクエストを受注してそれに参加しよう用意いていたらおいて行かれたみたいなことが良くありましたが、今作は途中参加できるようになったためそういった悲劇も起こらなくなりました。

加えて、今までモンハンを始めた人が詰む理由の多くに1人で村クエがクリアできないというものがありました。

集会所のクエストならば友達やオンラインで手伝ってもらうこともできましたが、村クエはソロ専用だったので無理な人には無理で詰んでしまいました。

ですが、今作からの新しい仕様として救難信号というものはあります。これはクエスト中に発信することができるもので、オンラインに見知らぬハンターを途中参加でクエストを手伝ってもらうことができます。

これによってソロの人でもストーリーが進められなくて詰むということもまずなくなると思います。これは初心者救済処置として非常に素晴らしいものだと思います。

(ちなみに救難信号はストーリーのクエストでもイベントシーンを見終われば使うことができるので、使うことがオプションボタンを推して開く画面から発信できます。)

また救難信号で見知らぬ人のクエストに途中参加できますので、昔みたいにクエストを回す必要もなくなり、好きな時に好きなモンスを狩猟できるようになりました。

運搬クエがとても楽

今作から卵持っててもローリングもジャンプもできますし、モンスターに襲われなくなる特殊装備もあることから運搬のストレスが全く無くなりました。

モンハンワールドのネットの評判

まとめ

モンハンワールドをざっとプレイした感想としては、これまでのシリーズでストレスだった点がほぼすべて解消され、今までとは全く別のモンハンだということです。

その証拠はは分かりませんが、売り上げもすでに500万本出荷しその消化率は95%とまさに驚くべきペースとなっています。

カプコンCEOも「今まで見てきたマーケットと(動きが)違う」「驚いている」 とコメントしています。

FF15も初動で500万本達成していましたが蓋を開ければバグだらけのあの出来ですぐたたき売られワゴンセールとなっていましたが、モンハンワールドはゲーム自体が中身も充実しており面白いため、品切れが続いています。

上述したように私は今まで3→4→Xと一応やっていたのですが、細かい点は少しずつ改善されていましたが、採取などモーションの緩慢さは一向に改善されずモンスターは狂竜化だので訳の分からん謎強化ばかりしていたので、モンハン開発陣(辻〇Pなど)とかにほとほと愛想を尽かしていました。

今回のモンハンワールドもどうせいつも変わらん糞ゲーだろうなぁ・・・と思いつつ信者的な感じで一応購入したのですが、いい意味で衝撃を受けました。

今までイライラしていた点が99%解消されており、ユーザーが求めていたモンハン以上のものができていて感激しました。グラフィックとシステムが本当に革命的です。

モンスターの種類が少し少ないのがネックですが、完全新作ですししょうがないと割り切りイビルジョーなどのDLCもあるので、期待して待っています。

DLCがくれば文句なしの歴代最高傑作でしょう!!

3や4で愛想が尽きてやめてしまった方、モンハンをまだやったことがないという方もぜひ一度プレイしてみてください。本当に今作のモンハンワールドは神ゲーです!

【MHW】なんJ深夜のモンハンワールド部

  なんJ昼のモンハンワールド攻略部

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. @ より:

    老害かよwキメェ