サイドバー固定

【ネタバレ】実写版「BLEACH(ブリーチ)」を見てきた感想と評価

スポンサーリンク

2018年7月20(金)、待ちに待った福士蒼汰主演「実写版ブリーチ」の全国上映が始まりました!というわけで、初日に凸ってきたので、そのネタバレしつつ感想と評価を書いていきたいなと思います。

まあ肝心の内容はというと、

予想通りでしたね・・・

もうちょい言葉を付け加えるなら予想通りの糞みたいな出来でした。ハガレンとか最近の実写化は銀魂以外クオリティーがひどいものばかりだったので、ブリーチもそうなんだろうなーと半分怖いもの見たさで見てきたら案の定のクオリティ・・・。邦画実写化作品おなじみのCG学芸会でした。

開始は雨ですね。真咲が死んだ日です。 真咲(長澤まさみ)と少年一護、髪色全然違うけどまあ、見なかったことにしてするー。そのあとの不良をコテンパンにするのは良かったです。 一護っぽいし、特に違和感なかったし福士蒼汰カッケーって感じ。だけど、その後、ゆずも黒髪。 ゆずが料理しない。1回もしない。一心が頑張ってる。虚はCG綺麗だから気にならないし 戦闘もかっこよかった。 BGMも違和感ない。

ただルキアの力の取り戻し方が変わってました。 一護の刀刺せば戻るってなんやねん・・・・と。 今は霊圧が弱いから〜って何だよ。まあ原作だと霊圧が戻らないのは崩玉とかが絡んでるのでここ変えるのはしょうがないでしょう。んで修行してグランドフィッシャー倒すけど、ルキアから霊圧貰った身なので、レンジと白哉に狙われる。レンジは謎パワーで刀へし折ったけど白哉にはコテンパンにされて、結局ルキアが一護を庇う形で一護から霊圧回収して終了。ルキアは罪を償うとか言って、一護が記憶失くして終了。。。ポカーンって感じ( ゚д゚)

良かった点

まあdisりまくっても感じの悪い奴にしか見えないと思うので、フォローしとくと主演の黒崎一護役の福士蒼汰は凄いイケメンでしたし、CGに合わせた演技もうまかったです。さすがフォーゼから出世しただけありますね。

あと井上織姫役の真野恵里菜さんがクッッッッッッッッッッッッソ可愛かったです。。。最高。円盤でるなら特典で 真野恵里菜の登場シーンだけカットしたやつとかほしいですね。それなら買うかもしれません。

先日結婚したというニュースを聞いたときは何とも思わなかったんですけど、この映画見てから旦那の柴咲岳が超羨ましくなりました。あんな美人と結婚したい人生だった。。。。

他にも浦原さんの完成度も高かったです。声も三木さんに似てましたし、多分今回の映画で一番再現度高い。一応チャドとか空座メンバーのあまり違和感ないキャラ紹介でスムーズに話に入れてましたねー。出番あんまりなかったけど・・・

悪かった点

ダメだったなと思うのは上の点以外全部ですね、はい。脚本演出キャスト全部ウンコ。特にヒロインの朽木ルキア役の杉咲花が酷いです。あんまり特定の俳優とか女優に文句言いたくないんですけど、演技も下手だし言うほど可愛くないしルキアに全然似てないし何なんですかねアレ・・・・。コンテンツクラッシャーとしては剛力レベルの逸材ですね。

マジで堀北真希とかがやってきたら名作とは言わなくとも、そこそこのクオリティーになったかもしれません。それくらい杉咲花が1人でぶち壊してました。キャスト1人でここまで作品ぶっ壊せるんだなーって感じです。

まあキャストだけでなく脚本・演出も酷かったです。なんというか場面をただつなぎ合わせただけのチグハグな纏まり方というか、霊が出てくることに託けた貞子みたいなホラーなのか、るろ剣みたいなワイヤーチャンバラアクションなのか、熱い友情なのか、全体として何を伝えたいのかさっぱり分かりませんでした。ただ原作の展開にちょっとアレンジ加えて場面ごとに別の監督が作ってるんじゃないの?って感じです。

結局一護は結局何のためにグランドフィッシャーを倒したかったのかが謎。ルキアを護るためなのか母親の仇なのかがよくわかりませんし、護るっても人や霊を虚から護るために戦うことを決意する描写もないですし、最初に出てきた虚以外、全部劣勢で石田とレンジが横やり入れてなかったら普通に負けてた感じなのに、その割に無駄に剣道したりタイヤ引いたり修行描写多いし、本当に何がしたかったのかが分かりません。あと石田も死神絶対殺すマンなのかホモなのか、結局なにがしたかったのかよくわかりませんでした。

あとこの話に白夜いるか?っていう疑問。一護は最後グランドフィッシャー倒したあとにレンジと戦って辛うじてレンジを倒し(ここもなんで勝てたのか謎)、白夜と戦うわけなんですけど、白夜に刀を指で止められたり、切られまくったり、原作通り圧倒的実力の差でぼろ負けして結局ルキアを持って帰られる=護る護る言いながら全然護れてないバットエンドみたいな終わり方でしたし、見てて全然スッキリしませんでした。あと白夜が下からドアップの場面が多すぎで鼻の穴がめっちゃ大きく見えました笑。

一番不満だったのは全体的にオシャレ成分が少なかったことでしたね。まあ原作部分もこの辺りは始解卍解みたいな刀の派手なエフェクトやポエムみたいなオサレ要素がまだなかったのでしょうがない気もしますけど、ブリーチの価値ってそこにあると思うんで、ただの幽霊チャンバラバトル映画なら別にわざわざ見る意味がないんですよね~。

まとめ

・一護(福士蒼汰)はかっこいいし、織姫は超可愛い。ルキアは色々酷い。

・キャラの見た目がめっちゃ変わってる(ルキア、織姫、かりん、ゆずはもはや別人で髪色と髪型が違う。)

・CGは普通、戦闘描写も迫力あるしスピード感がある

展開としては 過去で真咲死亡(雨)→ルキアと出会う→阿散井と戦闘 →雨竜と勝負してないけどなんか仲間になる→白哉とグランドフィッシャーを倒せばルキアはお咎めなしだと約束 →グランドフィッシャーと戦って倒す→結局約束を反故にされてレンジ、白哉と戦闘 →レンジに勝つけど白哉に負けてルキアに力を返す→記憶をなくして終了

ストーリーは映画のみの話(読み切り感)と思った方がいいです。キャラは多少の見た目違いはあるが性格とかの根本的なキャラ崩壊はあまり無かったですけど、雨竜と白哉の存在の意味が良くわからなかったです。

雨竜はいつの間にか仲間になってますし白哉は、ちょっと待ってくれる。猶予くれる。 ルキアが力取り戻したから許してやるわーって感じでキャラ変わってるし別に大筋にあんまりいらないので出す必要あったか?って感じですね。スポンサー制約とかあったんでしょうかね???

まとめると分かっていた通り、普通に駄作でした。めっちゃひどい出来なんだろうなーと思ってハードルを地面に埋めた状態で見たら、予想していたよりは良かったんじゃないかなと思います。ただ思ってたより酷い出来ではないってだけでるろ剣や銀魂みたいに続編作るほどの出来とは言えないと思います。

最後ルキアが尸魂界に連れていかれて、救出するみたいな続編匂わしてましたけど、公開初日に平日の午後とはいえ、僕が言った映画館はガラガラでしたし、こりゃダメでしょうね。

やっぱり個人的にはブリーチの実写には、もっとオサレ感をだしてほしかったですね。ぶっちゃけブリーチってそこだけで飯食ってた漫画ですし、幽霊ホラーとかアクションよりもそこを意識してほしかったです。折角始解っていうオサレ描写があるのに解放したのレンジの蛇尾丸だけでしたし、しかも刀伸びるだけであんまりカッコよくなかった・・・。ストーリー変えて読み切り展開にするなら月牙天衝とか千本桜とかCGで見たかったなーって感じです。

まあ今回の実写化された部分自体、原作でもピークのルキア救出編の前座みたいなところですし、ハガレンみたいに名シーンが汚されたとかいう感じは特にありませんが、なんか良くわかない映画でした。 真野恵里菜がかわいいだけの映画です。

まあ見れるなら尸魂界編も見てから本当に駄作だったか、大きく羽ばたくための前準備だったのか見極めたいところでしたが、たぶんその機会はなく黒歴史扱いになるでしょうね~。

まあ映画はもういいとして、最近ブレソルに卯の花と剣八ややちるの刀解放してて少しブリーチ熱が高まっているので、早くアニメで千年血戦編のOVA作ってほしいです。では~

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする