絶対に2度と虫歯にならないための虫歯予防対策まとめ

スポンサーリンク

なぜ虫歯はできるのか?

大人の虫歯の原因

大人の大半が詰め物したに虫歯ができるいわば二次カリエスというやつです。これは非常にタチが悪く、最初の虫歯と違って透明な白い詰め物の下にできるので、目視で確認することができず、歯が染みだして我慢できず歯医者に結婚だときが既に虫歯が神経に達しており、神経を抜くということになります。

僕の実践している虫歯対策

月1の検診一日に二回の歯磨き・キシリトールガムの常用・デンタルフロス・就寝前の洗口液あたりです。

歯ブラシと歯磨き粉

クリアクリーンのような粒粒タイプは歯茎と歯の間に粒が挟まり口内環境の悪化に繋がりやすいのでNGです。歯ブラシは柔らかくて毛先がふさふさしているものがオススメです。これはなぜかというと固いと歯茎が傷んでしまい歯周病の原因となります。

引用元:https://twitter.com/piyomippp/status/1080261758491607040

しいていうならやはりルシェロ歯ブラシのフワフワバージョン『P20-M』という型番がおススメです^_にはルシェロP20-M④にはルシェロB20-Mが特におすすめです(^^)歯科業界で1番売れている歯ブラシです。

また歯ブラシの交換頻度については、科衛生士の学校では1ヶ月おきと教わりましたし、他の歯科衛生士もよく患者さんに「1ヶ月おきに変えてください

ルシェロの歯ブラシいいですよね! 私の知る限り歯科以外でLOFTや東急ハンズにしかないため、もっと気軽に薬局やスーパーでも置いてほしいくらいお気に入りの歯ブラシです!

引用元:https://twitter.com/piyomippp/status/1080261758491607040

歯の本数や歯並び、手の起用さにもよるので個人差がありますが、全ての歯が生え揃っていて歯科衛生士など慣れている方であったり私であれば大体3分あれば磨けるのと5分あれば私は充分です。私が患者さんに言っているのは「プロの私でも最低3分かかるので5分くらいは磨いてみましょう」と言っています

食事終わりに歯磨き

洗口液・マウスウォッシュを使う

Amazonなどネットでまとめて購入してる方もよく居ると聞いたことがあります。洗口液は患者さんの口腔内を見てそれぞれ色んな物をお勧めしているのでうどん好きさんにはどれがピッタリは一概には私からは言えませんが王道なのはコレです

キシリトールガム

歯磨きは1日3回などが理想的ですが1日2回(お昼はしない)でも大丈夫です。
私がおすすめしているのはキシリトールガムです。虫歯に効果的です。さらにキシリトール100%のガムだと尚更グッドです虫歯菌が減ります。その他にいうとポスカというのが最強です

デンタルフロスによる歯間ケア

歯と歯の間をきれいにする

引用元:https://twitter.com/piyomippp/status/1080261758491607040

歯ブラシと共に、歯間ブラシを愛用しているのですが、歯間ブラシよりフロスの方だと私はフロスの方をおすすめします。歯間ブラシは空洞のところを綺麗にしてくれますが、本当に歯がくっつきあったところは歯間ブラシで取りにくいですが。フロスでゴシゴシくっつきあった場所も取れるので歯垢の除去率が違います。

デンタルフロスにもいろんなものがありますが、その中でもオススメなのはこのフロアフロスです。ワックス付きのものは狭い歯でも通しやすいですが、その分歯垢の除去率も落ちてしまいます。

歯の定期的なケアが命

A. 歯医者へ行く。検査とお掃除30分で3000円払って怒られる。

B. はみがきバーへ行く。2000円で1ドリンクと歯磨きセットが付いて、超絶美人な衛生士の歯磨き指導&歯科医師に無限に相談可能。歯を磨いた後に酒を飲んでも、美人栄養士のガチなフードやケーキセットを頼んでも怒られない!

引用:https://twitter.com/jamdental/status/1047139772450238464

キシリトールガムの常用

これすごい。口腔内の臭いのもとになるタンパク質汚れを固める成分が入ったマウスウォッシュ、これはお試し用で6包で確か300円弱、ボトルで買っても千数百円、LOFTで買いました

終わり

アルツハイマー病の原因が歯周病菌であるという驚くべき論文が #Sience 紙に掲載されました。アルツハイマー病患者の脳のうち96%から歯周病菌の生み出す有毒酵素「ジンジパイン」が見つかっており、タンパク質「タウ」と「ユビキチン」との関連も語られています。

http://advances.sciencemag.org/content/5/1/eaau3333

何度も言うけど歯磨き粉は粒入りのやつじゃない限り、歯垢除去率の差は歯磨きの質に左右されます。ただ歯磨きを100%正確に起こっても取り切れる歯垢はなんと70%程度にしかすぎません。

つまり虫歯対策=歯ブラシですが、特に一度虫歯になっている人は歯ブラシだけしかしていないとほぼ100%の確率で二次カリエス(詰め物の下の虫歯)が起こると言っても過言ではありません。

現に大人になってから虫歯治療をする人の9割が二次カリエスによるものです。なので、一度虫歯になったことのある人でもう二度と歯医者に行きたくないという人は虫歯対策は歯ブラシだけではなく、デンタルフロスや洗口液なども駆使するべきです。

そして、それでも除去できない歯垢がないかや磨き残しを確認するため歯医者に定期検診を受けた方がいいです。確かに虫歯治療は痛いですが、定期健診なら歯石除去だけなので、痛くもありませんしすぐ終わります。なので、おっぱいの大きい歯科衛生士さんにしっかり歯磨き指導してもらいに行ったほうが良いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする