就活前に絶対知っておきたいブラック企業の見分け方のまとめ

 

新卒でブラックに入ると悲惨なことになりかねない

 

もうすぐ就活シーズンなわけでして、そろそろ業界選択や自己分析を始めている大学3年生やそれ以外の人も多いのではないかと思います。就活と言えば人生の一大イベントな訳ですが、そんな中で怖いのがブラック企業の存在です。

 

最近は第2新卒という言葉もありますし、ブラック企業だと思ったらすぐやめればいいわけですが、すぐ会社を辞めるということを何回も繰り返すのは経歴に傷が付きますし、働きづめで洗脳じみたことをしてくるところもあり、最悪精神を病んで、人生のレールを大きく逸れてしまい、再起不能になってしまうということにも繋がりかねませんので、極力ブラック企業にはまず近づかないというのが大前提になります。

 

また最近もブラック企業側もどんどん狡猾になってきていて、説明会や万節で人事の人の話を聞いてホワイトだと思って入社したら、聞いていた環境と全然違っていて普通にブラックだったなんてこともザラにあるわけです。

 

まあ学生側も自分のスペックとかを盛りまくるわけで、そういう意味で就活とは企業と学生の騙しあいでもあるわけですが、今日はブラック企業の簡単な見分けかたについて紹介してきたいと思います。ブラック企業が100%判別できるわけではありませんが、ブラックを引く確率は減るでしょう。

 

一応広告会社や金融マンのような大企業であればそれ相応の給料を払われるので、ブラックではなく激務というくくりに入ると思います。

 

 

求人票でブラック企業を見極める

 

まずブラック企業の簡単な見分け方としては、リクナビやマイナビに乗っている求人票には「客観的事実」が載っているかどうかというのがあります。特に以下のような主観的なことしか書いてない会社は要注意で、ブラックな可能性が高いです。

 

・アットホームな社風
・若手が生き生きと働いている会社
・明るく活気のある職場

 

 

他にアピールできる部分がある会社は限られた枠の中にこんなこと書きません。年休120日や福利厚生などを売りにしているところはホワイトな可能性が高いです。(給料が良いとは言ってない)

 

ただ大事なのは福利厚生が充実していることではない。福利厚生が使える雰囲気や組織風土があること。いくら制度があっても使えないのならないのと同じ。仮に福利厚生が充実していない組織であっても柔軟な組織体質であったりみんな協力してやる雰囲気があるのなら良い組織だと思う。

 

 

 

 

 

残業時間でブラックを見極める

 

求人票の中で次に見るべきは残業時間です。残業時間の表記はブラック企業を見分ける上でまあまあ役に立ちます。そもそも残業というのもは法律的にはそもそも“してはいけないもの”です。労働時間は1日8時間まで、週40時間までと決まっています。ただし「36協定」で会社と労働組合とが特別に取り決められたときに限り残業が許されます。それが月45時間で募集要項にそれ以上の残業時間が書いてあるところはもれなくブラックです。

 

普通に計算して午後6時上がりのところを「毎日平均1時間残業させられて7時の退社できるのが月20~30時間」です。なので、求人票に書いてある「月平均の残業時間が30時間以上はあるところは普通に計算して午後8時~9時くらいに退社する日が普通にある」という事です。これで月手取り30~40万くらいもらえるなら働いてもいいと思う人もいるかもしれませんが、普通は嫌でしょう。家に帰ったら午後の9~10時で寝る以外何もできません。なので、ホワイトで働きたいと思うのであれば、月平均残業時間は30時間以下(理想は0)が絶対です。加えてそこに完全週休2日(1週間で休みが絶対2日以上)もあるといいですね。

 

 

転職会議・Vokerを見る

 

こういうところのサイトは工作もあるので100%あてにはなりませんので平均スコアが高いからいいとは限りませんが、少なくともスコアが低いところはやばい可能性が高いと思います。

 

またカイシャの評判とかなら、口コミを投稿している人が正社員か非正規かをしっかり見極めましょう。非正規の扱いはどこでも悪いので、非正規の人間の不満みたいなのはスルーで正社員から評判に注目しましょう。

 

 

ブラック企業マップを見る

 

日本全国を網羅した「ブラック企業マップ」が話題に。厚生労働省が発表している「労働基準関係法令違反に係る公表事案」に掲載されている企業を、ドクロのアイコンで地図上に表示。日本中がブラック企業で覆われた(ノシ ‘ω’)ノシ バンバン

 

 

ブラック企業マップ

 

 

インターンでブラック体質を見極める

 

就活中に学んだのはインターンは「違和感あったらやめとけ」であって「楽しいからGo」ではないってこと。例えばコンサルのインターンは3日間で話し合って資料作って発表だから時間足りなくて最終日みんな徹夜するんだけど、文化祭前日的で楽しい。でもそれでこの仕事いいなって思うのは違うじゃん?

 

他にもインターンだけではありませんが、有志で作った就活における体験などをまとめたpdfもありました。

 

 

 

 

 

終わり

 

以上が簡単なブラック企業の見分け方です。まあ希望する業界や企業の中でこれらを総合的に見て消去法的な感じで、ブラックの確率は低いところを当たっていくのがいいでしょう。

 

「就職したら最低3年は続けろ」とよく言うが、必ずしも自分が3年いる必要はないと思います。1年くらいで大体わかると思います。3年後を知りたいなら、その職場で3年経った先輩を見ましょう。その先輩方が輝いてるなら、今は辛くても続けた先の希望があるかもしれません。ですが、先輩の目が死んでるなら希望は薄いですし、そもそも3年勤続がいない会社なら辞めた方が良いと思います。

 

就活において新卒&スポーツやってた人が企業に重宝される本当の理由は ・体力ある ・理不尽さになれている ・縦社会を学んでる ・安く雇える ・真っ白で疑問を持たない ・洗脳(失礼)しやすい、要は企業にとって都合が良いからです。

月給16万円のブラック企業で超消耗してた友人が、最近転職して月給30万円のピュアホワイト企業に入ったのですが、本人いわく「前の会社が普通だと思ってた」と。これあるあるなんですけど、自分から見える世界だけが「普通」になっちゃうんですよ。ヤバイと思ったら外の世界を見に行ったほうが絶対良いです。(><)

 

日本の中学までの義務教育では真面目な人間というのは非常に評価されますが、それはあくまで「社畜奴隷としての適正があるというだけの話」です。この辺の話はホリエモンの本に書いてあるので興味がある人は読むといいかもです。

 

というわけで真面目は使い所を間違うとブラック企業に搾取されるのみなので、周囲から真面目とか言われる人はよりブラック企業に大して注意を払うべきでしょう。

 

そして、今の時代はインターネットとスマホの発明によりユーチューブやブログやプログラミングなどなど色んなことで稼げますし、会社員という世間体にそこまでこだわる必要はないと思います。副業などで収入に余裕さえあればブラックだと思ったらすぐやめることもできるわけですし。

 

にしても日本という国は本当に違法労働に対して非常に甘い国です。先日豪州のピザ屋が4人の留学生を違法な賃金で雇用していたとして起訴されたニュースを見たのですが、彼らの時給は12豪ドル(950円)でオーストラリア人スタッフより6ドル時給が低かった。罰金はお店を運営している会社が$54000×4人分で約1700万円。店のオーナーは$10800×4人分で約340万円。

 

当然、罰金とは別に会社は留学生達に正当な賃金を支払わされました。豪州がいかに違法な雇用に対して厳しいかが分かる良い例です。違法なことをしても損をする。過労死、過労自殺するまで働かせても50万円の罰金だったりするどこぞの国とは大違いです。法律の抑止力っていうのはこういうことを指すのでは?と思ってしまいますね。

 

また豆知識としては、オイルショック後に労働強化されて「過労死」という言葉が多用される日本社会になったが大企業では残業代はほぼ支払われていたんですよね、サービス残業はバブル崩壊後の話です。

 

昭和の企業は半分家族みたいなもので従業員を使い捨てする発想はなかったので勤勉は善だったわけですが平成の日本企業は勤勉さの代わり提供していた社会保証を捨てているにも関わらず社員に対しては勤勉さを求めている状態ですのでこちら側としても副業やスキルアップで自衛していかないといけない時代ですね。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳 
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/04/21/post-564/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/04/19/20170419042819/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/07/13/post-868/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

【学生必見!】Amazonプライム会員の特典が豪華すぎて感動した話

 

Amazonプライムがすごすぎる!

 

最近、自分の中でリアルショッピングからネットショッピングに完全に移行が完了し、なんでもかんでもAmazonで購入するようになりました。昔は本とか軽いものしか買わなかったのですが、今じゃPCとか家具とか日常生活のあらゆるものをAmazonで注文している気がします。

 

もちろんそれに比例してAmazonを配送などで使う機会も増えたため、今回試しがてらAmazonの有料会員サービスであるプライム会員になったところ、会員特典があまりにもお得だったので紹介したいと思います。

 

Amazonは現在「Amazonプライム」にものすごく力を入れており、プライム会員になると利用できるようになるサービス内容は超お得です。これは使わないともったいないとさえ思えます。これから紹介する特典がなんと月額325円(学生なら200円)で使えます!

 

 

Amazonプライム会員になる特典

 

Amazonプライムの特典は単にAmazonの配送料がお得になるだけではなく、他にもお得な特典が沢山あります。その中で使えそうなのをざっとまとめただけでも以下のような感じです。

 

 

・Prime Musicで100万曲以上聴き放題

・最新曲をBGMとして流せるプライムラジオ

・Kindle本が毎月1冊無料になるKindleオーナーライブラリー

・タイムセール時に会場に先に入れる

・お急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料

・食品・日用品がひと箱290円で届けてもらえるAmazonパントリーが使える

・商品が注文から1時間以内で届くPrimenow

・プライム・ビデオで映画ドラマアニメが見放題

 

 

Amazonは昔からとにかく採算度外視でサービス面を充実させて規模のシェアを取りに来るビジネスモデルなので、Prime会員特典にこれでもかって言うくらい充実させて、完全にユーザーを囲い込みに来てますね。

 

残念ですが、もうすでに国内の他の通販サービスや動画サービスの会員特典とは次元が違うため、ここはもう素直に囲い込まれたほうが吉です。

 

まずAmazonの本業であるネット通販の分野だと、無料会員の場合、お急ぎ便360円、当日お急ぎ便514円の追加料金がかかってくるわけですが、プライム会員になるとお急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料かつ、商品によっては買い物が注文から1時間以内で届く「PrimeNow」というサービスが受けられます。

 

 

 

 

 

Amazonプライムの年会費

 

引用:https://saruwakakun.com/life/amazon/prime

 

 

まず年会費に関しては↑のように30日間は無料体験期間で、その後は”年”に3900円、月会費にすると325円です。最初の30日間は無料体験が出来るので、一応「月325円払う価値ねぇ!」と思ったら、料金が発生する前に退会できます。

 

でも景気の悪い昨今、毎月かかる固定費がたった325円でも増えるのって嫌な感じがしますよね。でも、そんなのどうでもよくなるくらいのメリットがAmazonプライムにはあると思います。

 

 

動画・音楽サービスがすごい!

 

 

 

前述したとおり、プライム会員になるとお急ぎ便・お届け日時指定便の配送料が無料になり、商品の配送などがさらに便利になるわけですが、Amazonプライムが凄い点はネット販売での配送料の割引だけではなく、動画や音楽・書籍などのサービスが付いてくるというところにあります。

 

まずプライム会員になると「プライムMUSIC」というサービスが使用できるようにます。これで今はやりのjpopを聞くこともできますし、作業用BGMとして使うならプライムラジオも便利です。

 

 

 

 

勉強する時など作業用BGMに特化する場合は、Prime music内の機能であるプライムラジオを利用すると、JPOP・アニソン・洋楽などジャンル別でひたすら曲を流したりできます。

 

Amazonプライムビデオが使える

 

 

 

そして動画サービスの方は、最近各所で宣伝も始まってきたAmazonプライムビデオというサービスがあり、Amazonプライム会員だと映画・ドラマ・アニメ見放題になっちゃうんです!

 

さらっとページを見てもらったら分かるのですが、最新の映画・ドラマ・アニメが大量なんです。僕は先週は休日丸2日、仮面ライダーとガンダムSEEDを見て過ごしました。

 

テレビとかで見ると数話ごとに円盤とかを入れ替える必要がありますが、Primeビデオなら自動で再生してくれるので、ひたすら見続けられます。ただ辞め時が分からなくなっちゃうのが難点です(笑)

 

個人的にはこのAmazonプライムビデオが本当にすごくて毎日に使っているといっても過言ではありません。というのもこのAmazonプライムビデオだと有名どころのドラマやアニメが、実質月額325円で見放題なわけですよ?初めて使ったときはビックリしました。え?これ本当に使っちゃっていいの!?って感じです。

 

Amazonプライム会員には色んな特典がありますが、個人的にはこのプライムビデオだけで十分にもとが取れると思います。これにはネットフリックスとか大手動画配信サービスも敵わないんじゃないでしょうか?

 

 

 

 

しかもこれ気に入った作品はダウンロードできるので、家のWi-Fiを使ってスマホに入れておいて電車で移動しながらも見れるんですよね。外でもパケットを気にせず使えるのがホント便利です。

 

ついついYouTubeで動画見ちゃうとすぐに通信制限が来ちゃうと思うんですが、ダウンロード出来るおかげで助かってます。プライムビデオはPCではブラウザから、スマホではアプリをダウンロードして使えます。

 

 

Kindleサービスがより便利に!

 

 

 

そして、書籍関連ではAmazonプライム会員になると、Kindle本(Amazonの電子書籍)が毎月1冊無料で読めるKindleオーナーライブラリーというサービスが受けられます。

 

これは毎月1冊対象になっているKindle本が無料でダウンロードできるんです。「どうせショボい本しかないんでしょ・・・?」と、登録する前は思ってましたが全然違いました。

 

 

 

 

一応オーナーライブラリーはKindle端末を持ってないと使えませんがAmazonプライムに登録すると、Kindle本体が4000円引きになるので安く買えます。

 

Kindleの端末は現在4種類ありますが、ぼくも使っていて下記の記事でおすすめしているように、「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」が価格と性能のバランスが最も良くおすすめです。

 

まあ一応上位互換としてオアシスというのがあって実際に僕も購入して使ってみたものの、これに関しては値段の割にちょっと微妙でした・・・。反対に下位機種の「Kindle」になるとバックライトがついてないので暗いところで読めないんですよね・・・。

 

というわけで真ん中のコイツが多分一番安定しています。Kindle端末はどれも4GモデルとWi-Fiモデルの2種類がありますが、基本wifiモデルでいいと思います。

 

Amazonプライム会員になって、このKindleを使うと月に1冊無料で本をダウンロードできますし、それに加えて重たい本を持ち運ばなくて良くなるのは魅力的です。僕は仕事がてらプログラミング系の参考書を持ち運ぶことが多いのですが、学術書って基本的に重くて、分厚いのでそこまで重要じゃない書籍は電子化してサクッと持ち運べるのでKindleは重用しています。

 

 

学生の場合はもっとお得なAmazonStudent

 

 

 

Amazonプライム会員は現代社会を生きている皆にオススメのサービスであるのは間違いないのですが、なんと学生の場合はプライム会員がさらにお得になります!

 

というのも、学生にはこのプライム会員とほぼ同じ特典が年会費1900円で使える、「AmazonStudent」というサービスがあります。この「AmazonStudent」は登録から6ヶ月は無料で、登録するだけでAmazonポイントが2000ポイント(日本円にして2000円相当)もらえるという優遇されまくりなサービスです。

 

ちなみに、登録してから大学を卒業しても4年間はAmazonStudent会員としてAmazonを利用することができます。なので学生の内に登録しておけば、Amazonプライムに比べて年会費が2000円安く使えるのは大きなメリットです。

 

Amazonは今では通販だけではなく、様々なサービスを展開する世界的な大企業に成長したわけですが、1990年に創業したときはインターネットで本を販売する1ECサイトに過ぎませんでした。

 

創業者のジェフ=ペゾスは優れたエンジニアであるとともに熱心な読書家で本を読んで勉強するということの大事にしており、そこからAmazonは企業理念として勉強したい学生を積極的に支援しています。

 

 

まとめ

 

まとめるとAmazonプライム会員になるメリットのあるのは以下のような人たちです。

 

 

・学生

・月に1冊以上本を読む、または読みたい人
・自宅、お店、イベントで使うBGMに困っている人
・お急ぎ便を月1回以上使う人
・レンタルビデオショップにアニメやドラマに借りに行っている人

 

 

何も知らない人は単に発送価格とかがお得になるだけのサービスと思っている人が多いのですが、AmazonPrime会員の特典はそこらの通販ショップの有料会員サービスと次元が違います。

 

特に学生の人は絶対に登録しておいて損はないでしょう。またそうでなくても、日本のAmazonprimeの料金は世界基準でみて超お得なので、入らないと損です!!!

 

 

 

 

Amazonプライムの入会方法

 

最後に、無料体験の入会方法を書いておきます。

 

1.Amazonプライム入会ページ
にアクセス

2.30日間の無料体験を試すをクリック

3.メールアドレスとパスワードを入れてサインイン(アカウントを持ってない場合は作成)

4.お支払い方法を設定する

5.完了

 

 

簡単なのでぜひ無料体験登録してみてください!

 

プライム会員に30日間無料登録する

 

 

就活生は『インベスターZ』絶対に1度は読んでおくべき3つの理由

 

大学生活も2回生まではサークルや飲み会で楽しいと思いますが、3回制からは就活の話が脳裏によぎってきます。就活に向けてインターンに行く人も周りから出てくる時期だと思いますので、今日はそういった就活を意識し始めた大学生の人たちが就活の前にやっておいたほうがいいと思うことと『インベスターZ というマンガを就活を始める大学生は就活の前に一度読んでおいたほうがいい理由についてまとめていきたいと思います。

 

 

就活前になにをすればいいのか?

 

世間で言われている就活前にするべきことの理想としては、企業のインターンに参加することやTOEICなどの資格勉強・プログラミングスキルの習得などが一般的な答えです。

 

 

 

 

 

でもいくら高い理想を掲げたところで、現実にそれらの目標をちゃんと達成しようとしても結局ちゃんとできないことがほとんどです。

 

 

 

 

個人的に推察するその原因は恐らく就活というものの本質を理解してないからなのではないか?と思います。というのもなぜそういったスキルや経験などが必要なのかを理解せず、とりあえず就活本や先輩の話を聞いて、上辺だけしかマネしていないからなのだと思います。

 

まあもちろんそれらも必要ないという訳ではありませんが、意味もなくやっていても就活においてプラスにはなりませんし、それなら個人的には就活生はまず株を始めるべきだと思います。

 

株式投資をすれば就活の本質、そしてあなたを面接するであろう人事の人がそういった人材を求めているのか理解しやすくなります。人事の求めている人材の条件がわかるということは、どういうことを相手にアピールすればいいのかや自分の目指す企業にあったスキルや知識を効率よく身に着けることができますし、就活において他の就活生よりも有利になります。

 

 

就活生は株を買え

 

 

 

これは僕が感銘を受けたドラゴン桜などで有名な三田紀房先生の漫画作品である『インベスターZ(1) (モーニング KC)』に書いてあったことですが、就活する学生が絶対にやっておいた方がいいことが「株式投資」です。当たり前ですが株式投資とは自分の金をいくつかの銘柄に投資して値上がりすれば利益になり、値下がりすれば損失になるというものです。

 

 

就活生が株式投資したほうがいい理由

 

就活をする学生が株式投資を絶対にしておいた方がいい理由としては、まず投資をすることによりビジネスセンスが養われるからです。

 

というのもビジネスとは、単に自分がやりたいことをやるのではなく予算があって、そのビジネスを行う上で投資した分以上の利益が上げられるかどうかの判断の連続です。その成功が積み重なれば企業はどんどん成長していきますし、失敗し続ければいずれ資金繰りが悪化し倒産します。

 

就職において大切なのは、元気があるとか資格を持っているとかそういう話ではありません。一緒に仕事をする上において、ビジネスマンとしてのセンスがあるかどうかです。使い捨て前提のブラック企業でもない限り、企業の人事は損か得かの合理的な判断が出来てかつ時流や世界経済に敏感で物事を俯瞰してみることができる人材を求めています。

 

よく就活生は会社四季報を読んでおいた方がいいというアドバイスがありますが、これはなぜかというと「就活自体が自分という資本をいかに有望そうな会社に投資するかという投資ゲームの一種」だからです。

 

そもそも会社四季報とは株式投資をしている人が企業の財務状態などを見るために読む雑誌です。株式投資をしていれば四季報への理解もより深まりますし、就活生はぜったいに株を買うべきです。

 

株式投資では伸びると思った企業に自分の資金を投資します。そして就活は大事な点は自分自身という資本をどの企業に投資するかという一種の投資選択なのです。だからこそ就活の予行演習として学生のうちに株式投資は絶対にやっておいたほうがいいのです。

 

上で紹介したインベスターZというマンガは基本的に株式投資について書かれたマンガなのですが、その中で就活についても触れており、就活生にとって非常に為になる作品だと思うので、「就活生の方はインベスターZ を絶対に読んでおいたほうがいい」です。

 

 

 

 

 

就活とは自分の人生への投資である

 

皆さんは就活というと単に自分が社会人として働く企業を選ぶことだと考えていて大切なイベントだともちろん意識していると思いますが、就活において大切なことは単に自分が働きたいと思う企業を選ぶのではなく「これから成長しそう」、または「自分が成長できそう」な企業を探すイベントです。

 

よく就活生へのインタビューや傾向から分かることとしては、就活生は大手企業や銀行員など給料の良い職種を好む傾向がありますがこれは非常にナンセンスです。以下はインベスターZにおいて就活について書いてあるシーンですが、ここに就活の本質が書かれています。

 

 

 

 

 

 

 

今ジリ貧の◯芝も、台湾企業に飲み込まれたSHxRPも、10年前は超人気企業でした。10年経てば社会も変わります。 新卒、転職に関わらず、自分を守ってくれそうな企業ではなく、自分自身が強くなれる場所を探すべきです。 会社が弱くなったとき、自分を守れるのは自分のスキルだけです。

 

 

就活で意識すべき企業の選び方

 

このように就活とは自分の人生に対する投資です。普通の人間が一生に稼ぐ金額は大体3億円ですので、言い換えると「就活とは3億円の投資である」と言えます。

 

そして、日本の大学生はこの意味をちゃんと理解していない人がほとんどです。だから単純に自分はとりあえずこういう仕事がしたいと思うからこの業界!、ここは大手で自分の大学から採用者が多いからこの企業!と自分の一生を左右する選択を深く考えず決めてしまいます。これは非常にもったいないことです。

 

就活において大切なことは株式投資と同じで未来を予測することです。つまり、就活している今の会社ではなく、その会社が10年20年後どうなっているかです。だからこそ今大企業だからエントリーする!みたいな考えは甘すぎるのです。

 

世の中というものは諸行無常で、かつては大企業であっても時代の流れについていけなければ倒産します。三洋・シャープなどかつては押しも押され大企業でしたが現在かつての面影はありません。20年前この2社が全盛期だったときに先を考えず入社した人たちは40代になってリストラという形で家庭と家のローンを残っているままで世間の荒波に放り投げられた人もいます。キツイ言い方ですが、これは彼らの人生に対する甘い選択のツケです。

 

そしてこれを今に置き換えると今ある大企業も20年後、今就活している人が就職し40代になったときには潰れているかもしれないということです。

 

特に銀行なんてフィンテックやAIがこれから進歩すれば真っ先に食い扶持が減る職種です。そんな職種に好き好んで突っ込んでいくなんて、先の見えていないアホとしか言いようがありません。

 

 

企業に勤めて労働するという事の真の意味

 

そして、当たり前ですが企業から内定をもらい、それを承諾すれば次の年から働き始めることになります。ここで考えたいことは企業に勤めて働くというのは何を意味するのか?ということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこのインベスターZで書かれている意見に賛成です。就職して20そこらの経験もろくにない人間が企業に対して差し出せるものは時間しかありません。そもそも多くの人は時間、つまり人生には限りがあるという意識が低すぎます。

 

みんな命には期限があります。これをしっかり認識してたら時間の無駄使いはしないはずです。お金は後からいくらでも増やせる。しかし時間は減るのみ。それなら「お金で時間を買う」という感覚は当たり前に持つべきでしょう。

 

つまり企業選びにおいて大切なのは単に自分の好きな仕事ではなく、効率よく金が稼げるか、またはそのスキルが身に付きやすい環境下どうかなのです。

 

 

好きな仕事より需要のある仕事を探す

 

 

 

特に最近は人工知能やIoTなどIT技術の革新が凄まじいです。そういった中でこれまでの社会システムも大きく変わってくるでしょう。これが何を意味するのかというと、社会における職業の重要度も変わるという事です。つまり今は花形の仕事であっても10~20年後には金にならないどうでもいい仕事になっている可能性があるのです。

 

私がこの読んだ 拡張の世紀 という本に書いてあったのは近未来(10~20年後)で自動化される職業でよくあげられるものとして以下のような職業が挙げられていました。

 

 

・銀行窓口の職員
・融資担当者
・確定申告の作成代理
・簿記担当者
・会計監査の担当者

 

 

就活をする大学生は要チェックです。そして、残念なことに銀行などの金融系はオワコン感が高いですね。仮想通貨とか触っていれば感じると思いますが、フィンテックやRPAの進化はすさまじいです。

 

他にも筑波大学の助教授である落合陽一さんとホリエモンこと堀江貴文氏が共同で書いた10年後の仕事図鑑も10~20年先を見据えた就活においてどのような職種を目指すべきなのかの参考になると思いますので読んだ方が良いです。

 

 

 

 

 

 

終わり

 

大企業目指してる就活生がたくさんいますが、自分が大企業に入る器であり、且つより大きな価値を提供出来るようになる人間だと思ってるから目指すのでしょうか? 社会的な地位や名誉、収入を理由に志望してるなら、多分大成しないと思いますし、止めておいた方が賢明でしょう。

 

そもそも大企業はたしかに福利厚生がしっかりしているなどのメリットがあるかもしれませんが、日本の大企業の大半が株価や業績を見てももう成長が終わり斜陽に入っているところがほとんどです。

 

それならプログラミングなどのITスキルを身に着けて有望なベンチャーや中小企業に入り、その企業成長によって恩恵を受ける方が絶対に良いと思います。その企業に対して明確な志望動機があるならともかく、単に親が褒めてくれそうからとか給料がいいからとかいう安直な理由で大企業を志望している人は一度考え直してみてください。

 

 

 

【初心者向け】飛田新地への行き方・料金・遊び方を体験談と一緒に説明するよ~

 

今回は大阪の有名な風俗街の1つである飛田新地について、飛田新地への行き方・遊び方などについて、飛田新地で数百万注ぎこんだ私が実体験と共に、一度飛田新地に行ってみようと考えている方に向けてじっくりと解説していきたいと思います。

 

 

飛田新地の特徴

 

 

 

飛田新地とは江戸時代のような街並みで、数多くの小料亭が軒を連ねている料亭街です。料亭の中にはモデル顔負けの美女が座っており、横には受付のおばさんが腰を据えており通るたびに声を掛けられます。入らずに何周もしているとヤジを飛ばされます。

 

まあこの記事を読んでいる皆さんは既にご存知とは思いますが、飛田新地というのは料亭街というのは建前で要は料亭の皮を被った風俗街ですねー。

 

飛田新地の他の風俗街には無い大きな特徴としては、『嬢の実物を見てからプレイ出来る』という点です。他にも大阪であれば九条にある松島新地も実物を見てから入ることができますが、『飛田新地はその手の風俗で恐らく最も容姿がハイレベル』です。

 

というかピンサロとか全部含めても飛田新地の嬢の容姿は間違いなく全国で最高級です。私は北海道のすすき野や福岡の中州なんかでも遊んだ経験がありますが、やはり飛田新地の嬢は顔だけなら本当に全国ナンバーワンなのは間違いありません。

 

なので、飛田新地であれば少し歩くだけで芸能人より可愛くない?というくらい美人な嬢も結構います。そうでなくとも嬢の容姿は風俗界隈でも最高級で顔面偏差値は60~70ばっかりです。

 

まあ最近は飛田新地は病気のリスクが低くて稼げるというスカウトの触れ込みからか、嬢の容姿の平均レベルは少し微妙になっている気もしないでもないですが、金土日の夜に出向いてみるとやはりおおっ!!となる美人は多いです。ここに入り浸るともう町で見かける女性に満足できなくなりますね~。

 

でもこんな遊郭と呼ばれるようなところだと基本的にギャルっぽい人が多いんじゃないか?と思う人もいると思います。ですが、飛田新地は幅広いジャンルに対応していて『こんな子も居てるの!?』ってぐらいの巫女服を着た清楚系美女もいますし、レースクイーンの服を着た芸能人顔負けのモデル系美女もいます。加えてロリ系、コスプレ系、綺麗系、色々なんでもござれといった感じです。

 

なので、飛田新地はまさに男の楽園とも言えるわけで、わざわざ店に入ってサービスを受けなくとも適当に何週か歩いてトイレで1人でシ〇シコするだけで十分に満足できます。

 

そして、このように飛田新地は美女が多く、そのためかここではアダルト業界では有名なAV女優が勤務していたなんてことがたまにあります。桜井あゆさんなんかがそうです。ほかにも元グラドルとかも居てましたし、僕は見かけたことはありませんが、かの有名なホスト狂の坂口杏里も勤務していると最近話題に上がっていました。

 

あと飛田新地の独特な点と言えば、上でチラッと触れましたが客引きのおばちゃんが存在する点ですね。この客引きのおばちゃんがTHE・大阪のおばちゃんって感じで「にーちゃん にーちゃん もう決めとき こんなベッピンおらんで なん週してもおなじやで! にーちゃん はよう にーちゃん いっとき」みたいな感じで店の前を通るたびに客引きしています。

 

ただ何週も回っていて顔を覚えられると冷やかし目的だと思われておばちゃんからヤジられます。なので、人がたくさんいる午後7~9時あたりに回るとおばちゃんに目を付けられず存分に嬢を選べます。まあその分人も多いわけで気に入った嬢がいたらすぐ入らないと戻ってみたら別の人がもう上がっていた・・・なんてことが往々にしてあります。

 

大阪の人にとってはよくいる大阪のおばちゃんですが、他の地方から来る人には新鮮かもしれません。僕はこの前サッカーのユニフォーム着てた嬢の前を通ったら、「兄ちゃん、うちのメッシにゴール決めてってーや!」とか言われました笑

 

 

飛田新地の違法性は大丈夫なの!?

 

日本の現行法だと飛田新地は風俗店として運営する場合は合法ではないですが、飛田新地の店舗は表向きは料亭という事にしており、顧客と仲居の自由恋愛の結果、性行為に繋がったという程で合法的に風俗店として店を構えています。

 

一応その建前として店の中に入ると、料理(飲み物とお菓子)が提供されます。まあ時々警察も見回りとかで普通に居てますし、みかじめ料を払っているのでパチンコのようにグレー合法なんでしょう。昔はかの有名な元大阪知事の橋本徹氏が顧問弁護士になっていたこともあります。なので、店に上がっていたから逮捕なんてことはまずないので存分に楽しみましょう!

 

 

飛田新地への行き方~アクセス・最寄り駅

 

 

 

そして、飛田新地の場所と行き方についてですが、飛田新地は大阪の南側、まあミナミの帝王とかでお馴染みのエリアに位置しており、天王寺や難波の近くです。大阪に馴染みのない方は通天閣の近くだと覚えておけば大丈夫です。

 

東京など大阪以外から訪れるのであれば、新大阪からくる場合なら、新大阪で大阪メトロ御堂筋線に乗り換えて、中百舌鳥行きに乗れば20分くらいで『天王寺』駅に付くので、天王寺駅前のキューズモールの駐車場の裏通りに出て、「あべのポンテ」という商店街の入り口がある交差点で登り坂になっている方に真っすぐ道なりに進めば飛田新地に着きます。

 

分からない場合は天王寺駅周辺でタクシーを拾って、行先を聞かれたら飛田新地と答えておけば、ワンメーター5分くらいで到着します。

 

主に飛田新地への行き方としては、JR・地下鉄天王寺駅から歩く or 大阪メトロ御堂筋線の「動物園前」駅から歩くという主に2通りの行き方があるのですが、歩いていくのであれば、新世界方面(動物園前)から行くのが分かりやすくて良いと思います。

 

動物園前からの行き方を具体的に説明すると、大阪メトロ御堂筋線の「動物園前」駅に着いたらの『2番出口』を出て、↓画像奥の右のアーケードに入り『飛田新地料理組合』を目指しましょう。

 

 

 

 

 

 

新世界側(通天閣があるほう)と逆側のアーケード街を真っ直ぐ進んで、パチンコ屋の前を通り過ぎてオレンジマンションの看板とオレンジの柵が見えてきた辺りで左手に派手な明かりが見えてくれば、そこが飛田新地です。

 

 

 

飛田新地は昼間に行くとこんな感じですが

 

 

 

 

夜だと明かりがいっぱい点燈し、まさに別世界な感じになります。

 

 

 

 

 

 

飛田新地の営業時間と遊び方・料金体系

 

まず飛田新地の営業時間は14時~23時半くらいです。16時くらいから店が開き始め、女の子が店に立ち始めます。それでも14~16時くらいだと大半の店が閉じていて、ほとんど女の子はいません。

 

そして23時くらいになるとラストの女の子が増えてきて店にいる女の子も減ってきます。最後に深夜0時を過ぎると女の子の迎えのタクシーがいっぱい来ます(笑)

 

まあ早くに行くと独占したような気分を味わえないこともないですが、たくさん女の子を見たいという人は18~21時あたりが暗くなって雰囲気も出てくるので、うってつけの時間帯だと思います。

 

そして、飛田新地内での通りは大きく2つあってそれぞれ名前分けがされており、若い子が多い『青春通り』と高齢者の多い『妖怪通り』というの2パターンがあります。

 

妖怪通りの方にもたまに新入りでめっちゃ可愛い人もいますし、容姿が青春通りに劣る分NS(ゴム無し・生フ〇ラ)や料金割引など色々サービスがいいという利点がありますが、一回来て楽しむだけならば青春通りでいいでしょう。

 

妖怪通りは上述したようにサービスはいいもののその分性病リスクが高く掲示板とかでもたいてい妖怪で遊んでいる人が何か貰っている印象なので僕は性病が怖いのでまず行きません。

 

そして、青春通りのお店で遊ぶ際の料金は、以下のようになっています。ちなみに、嬢は客が払った料金の約半分が収入になるようです。

 

 

<飛田新地の料金体系>

・20分16000円

・30分21000円

・45分31000円

・60分41000円

・(延長)15分 11000円

 

 

 

大晦日~正月は特別料金体系で上記より若干高くなるのでこの辺りに行こうと考えている人は注意してください。またATMは飛田新地にはないので、天王寺または動物園前のコンビニで軍資金は卸しておきましょう!

 

嬢からすれば1日に何人ほど相手をしなければいけませんが、15分〜でも1万単位で金額を払ってもらえる為、回転率と利益率が良く、短期で大きく金を稼ぎたいという女性には割が合いまくる仕事でしょうね。風の噂で聞いたところ人気の嬢は月で300万円近く稼ぐとか稼がないとか。。。

 

そして飛田新地での遊び方は、一通り店を回って店頭に自分の好みの嬢がいたら、店に入ります。すると布団のある個室に通されるので、そこで何分遊ぶかを選択し料金を払います。すると嬢がお金を下の階のおばさんを渡しに行き準備(ローションの仕込み)に入ります。その間に自分は服を脱ぎ、文字通り布団の上で全裸待機します。

 

嬢が準備し終えると部屋に戻ってきて、自分のアレにコンドームを装着(勃っていないと手でしごいてくれたりしてくれます)→ゴムフェラ→挿入→体位を変えて楽しみつつゴールorタイマーがなって終了という流れです。シャワーはありません。

 

嬢によっては生フェラしてくれたりするそうですが、基本的にはありませんので、期待するのはやめておきましょう。またキスや体を舐める行為も基本的にNGです。でも盛り上がってきたら、〇〇していい?と聞くとOKしてくれることが多いです。まあその辺はテクニックというか慣れですね。

 

 

飛田新地の微妙な点と性病の危険性

 

一応飛田新地のデメリットとしては、上述したようにゴムフェラ&舐める禁止なので、料金が高いのにサービスが淡泊気味というのがよく言われます。飛田新地では基本的に行為前からゴムを付けてのゴムフェラですし、Dキスも基本的にNGです。

 

なので、全然恋人気分を味わえない・機械的に処理されているみたいでムードがないという人もいます。ただその分、HIVや梅毒、クラミジアといった性病の感染原因になる粘膜同士の接触がないので、病気を貰う確率はかなり低いと言えます。また店側の方でも月1で性病検査をしているらしいです。ただ一部店舗ではしていないという話もあるので信用しきるのはやめときましょう。

 

ですが、昨今では中国人の持ち込んできたキスで移る梅毒なんかもありますし、ソープやデリヘルやピンサロなんかで本番をしなくてもヤバい病気に貰うリスクがあるので、これくらいちゃんとしているところの方が個人的には安心できます。

 

そういった意味ではメリットにもなりますし、どうとらえるかは人それぞれだと思います。一応、何回も通ってお金を払っていると、嬢を乱暴に扱ったりするみたいな粗相働いていない限り嬢からの印象も良くなるので、嬢もお得意様として愛想よくしてくれます。

 

飛田新地の嬢は容姿は超一流なので、美人と話も弾んむとやはり楽しいですし、そこに価値を見出すのはアリだと思います。僕の体験としては同じ嬢に何十回も入って、時間も20~30分みたいな短い時間ではなく、1時間で遊んで話を弾ませることで、店ではなく本人の連絡先を貰ってデートできたこともあります。なので金さえあれば楽しい場所です。

 

ですが逆に旅行ついでの体験でもなく、なけなしの金を握っていくと下記で解説する地雷の嬢を引いたときにすごく金を無駄にした気分になって悲しくなるので、そういう場合はほかの風俗店に行ったほうが満足できるかなと思います。

 

こんな感じで何回も通わなければ、ほかの風俗店に近いサービスが受けられない&地雷の嬢がたまにいるという点から一般人が満足して遊ぶにはハードルの高い風俗街なわけで、最近は不景気の煽りを受けて客足が遠のきがちでシャッターが閉まったままの店も増えた印象です。

 

まあ確かに景気は悪くて風俗に昔みたいにドバドバつぎ込める人も少ないですし、ピンサロなどの安い風俗はいくらでもありますし、飛田新地はそういったところに比べるとサービス精神がなく物足りないですし、最近は深夜アニメや動画サービスなど性欲のはけ口も色々増えたのでしょうがないでしょう。

 

 

飛田新地でサービス地雷を引かないコツ

 

 

 

飛田新地で遊ぶ際の注意点としてはサービス地雷の風俗嬢が結構いるという点です。まあもともと飛田新地は他の風俗サービスよりもサービスが微妙ですがその中でも特に、そっけない、話しかけても愛想が悪い、時間短縮、フレンチキス・お触り禁止、マグロなど究極の塩サービスをしてくる嬢がいます。

 

これは伝聞ですが、時間短縮はひどい場合は30分の料金を払ったのに10分でサービス終了という究極の時間短縮もあるそうです。自分が気に入った嬢がサービス地雷かどうかわかるのは店上がってみないとわからないと言われていますが、簡単な見分け方としてはまず自分が通った時に手を振ってくれているかどうかです。

 

自分が店の正面にいるのに、目線も合わせてくれないほぼ無視状態で入ると顔はいくら良かったとしてもサービスは90%くらい地雷です。店に上がってからいくら可愛いねキレイだよと言っても態度は軟化しません。僕は実験で10回くらい無視されているのを承知で上がりましたが、サービスが良かったことは1回しかありません。

 

嬢が自分の顔を気に入っていない云々の前に嬢にも気分があって乗り気じゃないときは客の顔みないという嬢もいるので、そういう時に無理やり上がると気まずいので、店の前を通った時に愛想のいい嬢に入るのが無難です。

 

なので、歩きながら良さげと思った子の目を見続けて通りすぎようとして、目をそらしたら地雷の可能性大です。この状態で入ってサービスが悪くてもそれは自業自得です。反対に自分と目が合って手を振ってくれたりしてる娘は入ってもサービスがいいです。(一番当たりだったときは顔がタイプだと自分からキスしにきてくれました)

 

あと目線が合わなくとも横にいる声掛けのオバちゃんが「兄ちゃん女の子が呼んでるで!」と呼んでくれた時は嬢やる気アリorあなたの容姿がタイプなので、店に入ってからよっぽど下手なことしない限りサービス良くしてくれると思います。

 

時たま女子大生なんかで飛田新地で働き始めたばかりで慣れていなくて店の前では塩だけど、中に入って緊張を解してあげるとめっちゃサービスの良い嬢もいますが、やはり大きな判断ポイントは前を通った時に笑顔で手を振ってくれているかだと思います。

 

あと、自分の経験からするとパッと見良くてもじーっとよく見ると腕が太かったり、店に上がってからよくよく見ると、店の前でぱっと見た感じと全然違う容姿になるパネマジよろしく照明マジックがあります。飛田新地で遊んでから照明ってホントに人の見た目を変えるんだなと痛感しました。

 

本当に嵌められた~という時は禁じ手ですが、お金がないのでコンビニで卸してくるといって逃げるのもないことはないです。ただこれを何回もするとおばちゃんネットワークでブラックリストに入りますし、店によっては奥に怖い人も居てるので、最悪トラブルになる危険もあるので、あまりオススメはしません。

 

他にも嬢は店の前だと座っているので分からないのですが、立ったら足がめっちゃ短かったりすることもあります。そういう声もあってか最近は足の長さを強調するために丸椅子に座っている嬢も見かけます。ほかにも見えない箇所に入れ墨をある嬢が結構いてます。

 

僕は昔、顔が清楚系で巫女服を着ていて、性癖に凄いピンズドで上がったら、背中と太ももに入れ墨があって萎えた経験があります。入れ墨が嫌な人は入る前におばちゃんに確認したほうが良いです。

 

なのでぱっと見この子がいい!と思ってもほんの数秒はすぐに上がらず、「墨入ってない?」とか確認したり、 最初から目を合わさない内気そうな子には「自分みたいなのでも大丈夫?」と言って愛想がよかったら大概OKだと思います。

 

恋愛にコミュ障はマイナスですが、飛田においてコミュ障はあまりマイナスではなく、むしろ時間が過ぎても空気を読まずにペラペラしゃべる人の方が嫌われると思います。店に上がったら嬢の質問には軽く答えて、こちらからはあまり嬢のプライベートな方には触れず天気良いですね~。人多いですね~。みたいな世間話で場を軽く和ませておくと、向こうも緊張がほぐれてサービス良くしてくれます。

 

ここからは僕の個人的な経験則ですが、青春の真ん中の通りとかで顔がめっっっちゃ可愛いのに何週回っても残っている娘は基本的にサービスが悪いです。サービスが悪いというか会話もほとんどなく完全にゴムフェラローション挿入発射掃除の流れ作業で、セックスという感じがしません。言い方は悪いですがラブドールと大差ないです。

 

逆に、顔も美人で愛想良かったりフェラや騎乗位がめっちゃうまく、サービス良かったわー最高だったぜ!!!!次も見かけたら入ろう!!!と思った嬢は同じことを思っている人は多いのか大抵ひっきりなしに人が上がっていて中々店の前には居ません。

 

また少し不細工な嬢をフォローするおばちゃんの性格いい子だよーは当てにしてはいけないと思います。そういう嬢は顔自体が高額な料金にあうか微妙ですし、サービス自体もあまり良かったことは僕はありません。

 

逆にサービスいい子だよーだと言っている嬢は顔はトップクラスでなくともフェラや騎乗位がうまく、本番中も指とか腕を絡ませたりだいしゅきホールドとかしてくれる印象です。

 

 

 

終わり

 

飛田新地についての僕の知見とエピソードはこんな感じです。風俗デビュー・脱童貞・大阪旅行ついでに行こうかな~と考えている人はこの辺りを抑えれば、超絶地雷を引かずに飛田新地をそこそこ楽しめるんじゃないかなと思います。

 

まあNSやハードなサービスはないので、サービス面でピンサロやデリヘルみたいなサービスを求めるとガッカリしますが、病気のリスクはかなり低いので病気を貰わず風俗で遊びたいという人や顔重視で芸能人やモデルみたいな超美人と一回連結してみたいという人がいく高級風俗だと割り切ったほうがいいです。いいサービスをしてほしいなら、何回も通って金を積むしかねぇって感じです。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/10/20/post-310/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2019/02/27/post-2393/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/07/13/post-868/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

上手くいく就活の準備方法と働き方について個人的なアドバイス

 

就活の流れ

 

まず就活の大まかな流れとしては

 

リクナビやマイナビが主催する合同説明会に参加

 

→ブースなどの気になった企業の個別説明会

 

→エントリーシートの提出

 

→面接(企業によってはグループディスカッション)

 

→内定

 

 

という流れになります。

 

意識の高い人ならば2回や3回の段階で気になる企業のインターンに行き、そこで内定をもらうこともできますが、基本的に就活は3月解禁です。

 

 

就活解禁までにやっておきたいこと

 

 

就活が解禁されるまでにこちらが準備しておきたいのは、当たり前ですが、まずスーツですね。入学式などのものがそのまま使えるなら問題ありませんが、チェックして着れなかったり持っていなかったりした場合はリクルートスーツなどのスーツを用意しておきましょう。

 

企業のよっては説明会で私服OKのところもありますが、基本的にスーツのところが多いので、スーツは必須です。あとは履歴書の用意です。国公立や上位私立の高学歴の人などは自分の大学で売っている大学の名前やロゴが入った履歴書にすると、人事の人からおっ!と思われるので自分の大学のものにしましょう。

 

他にも自己分析などで希望職種を絞っておきましょう。3月に解禁されてから希望分野を選んでいてはかなりの遅れになります。

 

なので、就活が始まる前からあらかじめ業界を絞っておくのは大事だと思います。業界地図などを見てざっと俯瞰しておいた方がいいと思います。あと就活までに猶予期間がまだある人は簿記やTOEICなどの資格習得もしておいた方がいいです。まあ実際に就活をした人間の体感としては、簿記・英語・プログラミングは就活において大きな武器になるということですね。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/04/19/20170419042819/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

就活で企業に求められること

 

 

 

「就活で大事なのは自分の個性を出すこと」です。自分は他の人と違って何ができるか、その会社に入って何がしたいかです。また面接で学生時代にやったことなどを聞かれますが、大切なのは何をしたかではなく、それによって自分がどう成長し何を得たかです。そこをアピールしていきましょう。

 

また現代社会はIT技術の発達により変化の早い時代になっています。「大学卒業して就職したらもう勉強しない」とか死亡フラグ以外の何物でもないので、就職してからも勉強していくというスタイルを見せると人事の方の好感度も上がるかと思います。

 

 

就活あるある

 

 

 

どういう会社に就職すればいいのか?

 

 

 

 

終身雇用制はもう崩壊しているので、大手ばかり目指すのは別に得策だとは思いません。伸びそうな中小とかでも全然ありでしょう。

 

 

 

 

結局自分にあった会社にしか受かりませんし、変に高望みせず身の丈のあった企業を狙っていきましょう。ただその中でも、75才まで働くのがデフォ(標準)となるこれからの社会において、最初の会社の選び方として正しいのは「終身雇用してくれる会社=75才までサラリーマンでいられる会社」ではなく「40代にもなれば、自分で生きていく力が確実についている会社」を選ぶことだと私は思います。

 

これからは、一人一人稼ぐ能力が問われる時代になります。今どっかに就職しとけばいいや、とりあえず働いていれば良いやという甘い考え方では生活できなくなります。

 

 

ブラック企業の見分け方

 

ですが、ブラック企業の入ると心身共に病んでしまう可能性もありますし、そうなってしまってはキャリア形成どころではありません。

 

ブラック企業を見分ける方法としてはまず休みが120以上あるかどうかです。休みは基本的に年休120日、完全週休二日制のところがオススメです。週休二日制と完全週休二日制は全く違うというのも注意しましょう。

 

 

 

 

加えて完全週休二日制(土日祝日)と完全週休二日制(土日)、祝日は全然違います。前者だと3連休でも2日しか休みがないことになります。

 

また残業時間や有休消化日数などもチェックしておきましょう。基本的に月の残業時間が30時間を超えると1日あたり約1時間残業していることになります。なので、基本的には月の残業時間は20時間以下と書いてある企業が望ましいです。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/04/19/20170419042819/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 

 

 

 

 

 

ESや面接のコツ

 

 

 

 

 

 

就職で重視すべき点

 

まず私が就職先に求めるべきだと思うことはその企業は自分のスキルを伸ばせる環境か?という点です。これから終身雇用の時代ではありません。個人の能力が重視される時代になるでしょう。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/12/14/post-247/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

確かに給料などの雇用面も大切ですが、最悪スキルさえあれば自営業なり待遇がいいところに転職することもできます。なのでまずは自分のスキルが伸ばせる環境かを、私は新卒で企業を選ぶに当たって最も重視すべきだと考えています。これから就活する学生さんは企業に入ってから30歳までに何を実現したいか考えておいた方が良いです。

 

 

終わり

 

未経験者は「金を稼ぐための就職」と「経験を積むための就職」をはっきり分けて考えたほうがいいです。未経験者がジョブチェンジに失敗するのは、お金は欲しいし経験も積みたいしホワイトじゃないと嫌だ、みたいな欲張りすぎが原因。「ここでは2年間死に物狂いで経験を積む」と腹をくくることが重要。

 

上述したように最初の会社の選び方として正しいのは「終身雇用してくれる会社=75才までサラリーマンでいられる会社」ではなく「40代にもなれば、自分で生きていく力が確実についている会社」を選ぶことだと私は思います。

 

これからは、一人一人稼ぐ能力が問われる時代になります。今どっかに就職しとけばいいや、とりあえず大企業で働いていれば良いやという甘い考え方では生活できなくなります。

 

日本は就活がゴールになってて大企業に入るとみんな勉強しなくなる。ですが、国境の壁がなくなりつつあるグローバル社会の21世紀において本当のレースはそこから始まります。だから会社に入ったらもう走らなくていい、地味に歩き続けてるだけでは、そのまま十年経つと学歴が自慢なだけのくだらないヤツになってしまいます。

 

逆に言えば会社に入ってからも勉強していればそんな奴には確実に勝てるということでもあります。大人が勉強しない国だから地味な努力でも成功できます。こんな楽勝な国他にはありません。まあだからこそ今後進国に転落しているわけであるんですけども・・・。

 

とりあえず生涯賃金や定年までのことを考えると、就活は「人生を賭けた億単位の投資」の第一歩ですので就活生の方は安易な投資判断をしないようにしましょう。

 

ですが、就職して日々の業務の多さに忙殺されていると、いつしか未来への投資ができなくなり、ただただ目の前の仕事をこなし続ける成長のない状態に留まってしまうこともあります。

 

そうならないためには大学時代から先行投資をし続けられるように行動しておく必要があると言えます。でももう3回で時間がないというような人は休学なりして自分の勉強する時間を作るというのも選択肢の1つだと私は思います。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/07/13/post-868/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 

就活前に絶対にやっておきたい資格・経験など3つのこと

 

迫りくる就活

 

大学受験を合格し大学に入学しても、2回になれば、大学生活も折り返しに入り、本当は見たくもないですが、就職という将来が視野に入ってきます。

 

そういうわけで今日は、まだ就活が迫っていることに実感を感じなければいけない人向けに、いつ頃から情報を集めたり行動したりしないといけないかなどを簡単にまとめていきたいと思います。面接やエントリーシートの書き方とか深い話ではありません。とりあえず就活っていつから始まってどれくらいで終わるのか・何をしておいたほうがいいのか程度の浅い話ですが、まず物事の大まかな流れを把握するのってすごい大事だと思うので・・・

 

まず就活のおおまかな流れを見ていきたいと思います。とりあえず参考にするのは、今年の就活生である18卒(2018年卒業予定の大学生)のスケジュールです。

 

 

2019年の就活スケジュール

 

リクルートによる今年の就活スケジュールはこんな感じです。

 

3月1日:企業の採用情報解禁

3月~5月:企業説明会・エントリシートの提出(エントリー開始)

6月:面接開始、内定が出始める

 

 

なので、企業の大半が9月中に終了し、就活性も4回生の後期には就活を終えている就活生が多数を占めることになり、18卒は2019年の早春から夏にかけてが就活本番となります。

 

就活は解禁前から既に始まっている

 

表向きの就活スケジュールはこんな感じです。ですが「3月の情報解禁から」が就活ではありません。実は情報解禁の前に大きな就活イベントがあります。それが皆さんもなんとなく名前は聞いたことはあるであろう「インターン」というやつです。

 

インターンには7月辺りに行われる夏季インターン、そして夏以降から情報解禁までの2月いっぱいまで開催される「秋冬インターン」というものがあります。要するに、就活で有利に立ち回るためには、「情報解禁まで」が重要なのです。できるだけ早く就活の準備をしたいという人は、まずは目前のインターンへの参加を目指すべきでしょう。

 

インターンが企業の採用活動として存在感を高めている今、多くの企業が夏季から2月いっぱいまでインターンを実施しています。夏と秋冬で内容として大きな違いがあるわけではなく、夏季と同様のインターンを再度実施する企業や、夏季は実施していなかった企業が秋冬に初めて実施する場合もあります。なので「夏季に参加していないとアウト」といったことはありません。

 

ただし夏季に参加してさらに秋冬に参加しようとしている人、夏季に採用されずに秋冬でリベンジしようとしている人がいる点が、夏季と秋冬の大きな違いです。つまり秋冬インターンではすでに経験を積んでいる人、モチベーションの高い人が多く参加してくるのです。

 

これは見方によっては「採用の門が狭くなる」というデメリットですが、逆に捉えれば「レベルの高い就活生から刺激がもらえる」というメリットに変わります。挑戦する価値は十分あるでしょう。

 

正直、夏季の実施時期はまだまだ就活に関する知識も少なく、少しでも興味のある企業や業界のインターンの選考をやみくもに受けてしまいがちです。私もそうでした。色々なところのインターンに行きましたがあまり役に立ったか振り返ると、うーんって感じです。もちろんそこから学ぶこともありますが、同時に無駄が多いのも事実です。

 

その一方で、夏が終わり秋冬の時期になると就活への意識が高まり、知識も増えてきます。すると自分の将来像にあまり関連しない企業や業界のインターン選考対策に、無駄な時間を割かずに済みます。

 

その結果、厳選された企業や業界についての研究が進み、情報解禁後の就活本番につながる経験値を確実に積み上げられるというわけです。

 

もちろん時季に限らずインターンに参加すれば実務経験が積めたり、選考過程で面接の練習になったり、給料を貯金して就活本番の軍資金に回すこともできます。

 

もちろん必ずインターンに参加しなければならないというわけではないですが、やはりインターンに行った人とと行かなかった人に差が出るのはほぼ間違いありません。ですが、不参加でも「先輩などの人の話を聞く」です。できるだけ多くの社会での実体験を聞いて自分ならどう思うか・感じるかを考えておくだけでも、この部分はカバーできます。

 

 

就活直前に準備しておく事

 

3月の就活解禁前にしておくべき事としてよく挙げられるのが「自己分析」「業界研究」です。「インターンに行くのとかめんどくせぇ」と思っている人もこれくらいはやった方がいいと思います。

 

秋冬インターンに挑戦するにせよ、不参加を貫くにせよ、就活本番前にどうしてもやっておかなくてはならないことがあります。それが「自己分析」と「業界研究」です。この2つは就活の基礎中の基礎。

 

まず「業界研究」はについてですが、就活の対象になる企業は中小企業まで合わせると、全国で数万社あり、その中から数十社に絞るためにはまず業界を絞る必要があります。これが業界研究です。そして文系その中から待遇などで10社~程度、理系なら数社に絞ることになります。

 

加えて、エントリーシートの書き方や面接時の受け応えの仕方などがいくら上手でも、自分のやりたい仕事や将来像があやふやだったり、選考を受けている企業について上辺の情報しか調べていないのであれば何の役にも立ちません。

 

2つ目の企業研究は、その企業の給料や勤務体系です。いくら給料が良くてもブラック企業で鬱や過労死しては意味がありませんし、会社を受ける前にその辺りのことを一応最低限は調べましょう。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2019/02/06/post-1626/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

あと、※SPI検定も少しくらいは書店で本とかを買って勉強しておくべきだと思います。別に大したボリュームでもないのですが、早めにやっておくに越したことはありません。※就活生の能力を図る一種の試験

 

ただこれらの成果はあくまでそれまでの自分が何をしてきたかに大きく左右されるわけで、極論東大で留学経験とかがあれば、こんなまどろっこしいことしなくても大丈夫な訳で、個人的にこれらの対策はあくまで付け焼刃に過ぎないと思います。

 

 

もっと前からやるべき就活への準備

 

SPIや自己分析はあくまで直前に行う就活対策ですが、就活はもっと前、つまり大学2・3年のうちから準備しておくと驚くほど簡単になります。少なくとも自分は就活は楽勝でした。

 

今は人手不足が叫ばれていて、まあ就職できず職にあぶれるという事はないでしょう。しかし、簡単に就けるような仕事はブラックみたいなものしかないわけです。お金を稼いで質のいい暮らし(QOL)を高めるためには、スキルが必要になります。

 

一般的に就活で持っておくと有利と言われるスキルは「英語」・「簿記」・「プログラミング」の3つですね。なので就活に向けて学歴以外になにか武器が欲しいという場合はこの3つのどれかを勉強しておくとエントリシートや面接に通りやすくなります。僕の場合は文系で就活ではコミュニケーション能力とPythonというプログラミングスキルをアピールすることで5社にエントリーして4社から内定をもらうことができました。

 

ただ僕の場合はこの大切さに気付いたのが就活の直前で時間がなかったので一年大学を休むことになりましたが、一年休んだ分の価値は十分にあったといまでも思います。また就活に入るまえに人生の価値観を広げておくというのも非常に大切だと思います。

 

会社に入って働きづめになると回りが見る機会や時間がどんどん減っていきます。よく若者は旅をしろと言います、個人的に若いうちに旅をするということには以下のようなメリットがあるからだと思います。

 

 

・多くの生き方働き方に出会う

・日本での仕事観が絶対でないことに気がつく

・膨大な生き方の選択肢を持つ

・失敗しても他の生き方を知ってるので挑戦しやすくなる

・生き方の選択肢が多いのでトライアンドエラーを繰り返し、最終的に成功する

 

 

まあ旅をしてサラリーマンとして会社で働く以外の働き方があるのに気付いたところで結局生きていくにはお金がいるわけですし、とどのつまり稼ぐ力がいるわけです。また逆にお金に執着してもろくなことにはなりませんし、思いだけでも力だけでもダメな訳ですね。

 

 

終わり~人手不足の正体

 

以上が就活の流れと就活前にやっておきたいことのまとめです。昨今は人材不足と言いますが、人材が不足しているのはプログラミングなどができる高度人材であって、普通に大学4年過ごしてきただけの文系大学生やFランの理系学生は要らないのです。そんな人が割り振られる職業はブラックすれすれの割に合わないものばかりです。人手不足だって口では一応言うけどね、本当は足りないのは人じゃなくて、能力がある人な訳です。

 

 

良い企業に入りたいと思うのであれば、それ相応の市場価値を持った人間になる必要があり、宮廷や早慶でもない限り、就活直前の1,2ヶ月の付け焼刃の努力ではそれは無理です。休学するなり、2年・3年のうちからこの辺りを意識して用意するしかありません。