Googleのアップデートの順位変動でブログのPVがガタ落ちした話

 

GoogleのアップデートでPVが激減

 

どうもこんにちは~、2019年3月のGoogleのアプデでがっつりやられて傷心の身ですが、今日はそれについての対策とか思う事とかアフィリエイトのこれからとかについて思ったことを書いていきたいと思います。。。

 

ブログ始めてもう6年くらいですが、始めてがっつり食らったので結構ショックでした。どれくらいPVが減ったのかというと、5割減少といった感じです。12日あたりからあれ?今日調子悪いな?と思ってはいたものの14日から雪崩のようにアクセスが減少しました。

 

今まではペンギンアップデートやパンダアップデートは結局ブラックハットの駆逐だったので真面目に被リンクを集めて独自コンテンツで勝負していた私は無風でした。

 

ですが今回のアップデートはもはやそんなのお構いなしという感じで私と同じように、今まで食らってなかった人も食らったみたいで、結論としては『個人ブログのアフィリエイトは完全終了とまでは言いませんが、印刷業みたいにオワコンというか下火の時代に入った』と思います。

 

昔からやっている人は続ければいいだろうけど、わざわざ新規参入するほど、割りに合わんという感じになったと思います。

 

 

Google変動後に順位が落ちたらやること

 

 ミナピピンの徒然雑記帳 
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/11/24/post-225/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

↑の記事にも書いていますが、基本的にPVの変動はアルゴリズム変更・トレンド・ライバル出現の3つの理由のどれかです。まあ今回の場合はGoogleの検索アルゴリズムのアップデートが原因なのは明らかですね。

 

とりあえず、今までの例で行くとPVが激減したからといって焦って更新するのは悪手です。一時的に下がっても一か月くらいすると元に戻ることもあるので、とりあえず様子見で、PVの落ちた記事は下手に弄らない方がいいです。ただ新規記事は投下したほうがいいです。

 

まあPVが激減してテンションが上がらないという人はブログ更新を休むというのも手の1つでしょう。自分のやっていることは↓のような感じです。

 

 

・順位が落ちたページは1か月くらい何もしない
・新しい記事の追加はする
・ほとんど影響がなかったサイトのメンテか新記事追加
・FPSをする(今ハマっているのはフォートナイト)

 

 

SEOコンサルに惑わされるな!

 

アプデでアフィリエイターが阿鼻叫喚の状況で講師やコンサルとやらはどう思ってるか考えたことありますか?彼らはきっとこう思っています。

 

「ああよかった。教える側にいて。俺らはこんな不安定な稼ぎ方したくないよな。 今からブログやったって自分には絶対無理。緩い時期に実績作っててよかったわ」と。昔のアフィリエイトは本当に簡単でした。

 

キーワードを意識して長文を書けば簡単に上位表示されましたし、エイジフィルターもなかったので、出来立てほやほやのドメインにも簡単にアクセスが集まりましたし、2chまとめなんかでも簡単にPVが稼げました。

 

ですが、時代は変わって今の個人ブログのアフィリエイトはかなり厳しいです。有名ブロガー()がこぞって情報商材なんかを販売しだしているのを見ても明らかです。彼らも今どや顔でSEOコンサルやっている連中もしょせん黎明期にたまたま一発宛てただけでのラッキーマンです。自分も昔は月収300万円のころもありましたが今は10万円くらいです。アフィリエイトの売り上げなんてホント水物です。

 

ですが、教える側に回ると激戦区になった今のSEOで実際にブログを書いてPVを稼ぐプレイヤーに比べると教えるのは楽だし、初心者にそれっぽいこと言ってればごまかせるし、 アプデの影響で収入激減なんてないからSEOコンサルは安定してます。

 

何しろ収入源は初心者ブロガーなので、アプデで収入激減どころか、不安にのたうち回って金払ってくれたりするから収入増えちゃったw アプデさまさまだわwwwとか思ってますよ。

 

なので、Twitterで今回のアプデもノーダメでした~みたいなSEOコンサルのツイートを見ても飛びつくのは辞めましょう。無駄にカネを消耗するだけです。

 

やはり個人でのブログアフィリエイトはオワコン気味だと思います。もう特別伝えたいことがあるとか、何かのエキスパートであるとか、ライティングにゆるぎない自信や思い入れがあるとかじゃないなら、ブログはやるべきではないと思います。

 

正直ここまでYMYLを拡大した権威アップデートというか大手優先アップデートをされると、個人ブログで金融や格安スマホのような単価の良いアフィリエイトで製薬を取るのは非常に難しくなっており、昔のように簡単に月数十万も稼ぐというのは無理です。今でもブログで稼げるとか、本の著者やコンサルや商材屋は自分の客を取るために都合のいいこと言ってるだけだと思った方がいいです。

 

すごくまともで常識的に見える人も含めて。 そいつら本当に過去から今現在に至るまで長期間継続して安定的にその手法で稼げているのか聞いてみるといいでしょう。 濁した答えが返ってくること間違いないでしょう。

 

 

終わり~これからのSEO対策

 

今回のアップデートから見えることしてはもはや個人ブログはオーガニックサーチ(検索流入)は当てにしてはいけないということですね。2018年初に『アフィリエイトの命日』というフレーズが一時期話題になってその時にツイッターで呟いていた自称Googleの中の人に予言した通りになってしまったなぁという感じです。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/01/25/post-410/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

検索で上位は取れず、順位は目まぐるしく変動している中で個人がアクセス欲しいならアドワーズなりやれというのがGoogle様のご意志かなと思います。もはや金も払わずに1ページ目の検索表示なんぞおこがましいことなのでしょう。

 

そう考えるとGoogleは商売が本当にうまいなと思いますね。 YouTubeで広告を出してユーザーを不快にさせて、広告非表示プランでお金を徴収。 SEOで公式と権威サイトを上位表示、個人サイトを無力化さて、AdWordsでお金を徴収。 一度Googleに依存させることで、課金せざるを得ない文脈を作り出しているのはさすがの一言に尽きます。

 

なので、これから個人が本気で生き残るためにはGoogleアドワーズに課金して広告を出すという形で記事を上位表示するか、Youtube・TwitterなりSNSからのアクセス流入を稼ぐそういったことを以前よりも意識するべき時代になってきているのかなと思います。

 

そのためには自身のブランド化と必要であり、稼ぐためには広告費など先行投資がいるようになっていますし、元手ほぼ0円とはいかなくなってきています。まあそれでも実店舗構えて従業員雇うよりはローリスクな起業方法であるのには間違いないでしょう。

 

昔のブログ運営はレンタルサーバーとドメインさえあればやる気と根気で何とかなりましたが、これから今までのように稼ぐためには+広告宣伝費が必要になるのだと思います。

 

まあ個人的にはブログで自分の頭の中で考えていることを文章にするのって思考がまとまりますし、ストレスの発散にもなるので、稼ぐということを意識しなければ人生を豊かにしてくれる行為であることには変わりないと思います。

 

なので、ブログで稼ぐという行為自体はオワコンだと思いますが、文字を書くという行為自体は日記みたいな感覚で収益が減った(これから減っていくでしょう)としても続けていきたいな思います。

 

ただもはやブログもアフィリエイトの紹介記事でバンバン稼ぐみたいな収益化を本気で考えるとなると、継続だけではなく広告センスも求められているのかなと思います。皆さん厳しいと思いますが頑張りましょう‼️

 

 

「アバンティーズ」のエイジさんは撮影中の事故で死んだのでは?と考える理由

 

先日人気ユーチューバーとしてネットで絶大な支持を得ているアバンティーズのメンバー、エイジ(22歳)さんが2019年1月1日に渡航先のサイパンで海難事故に遭い、帰らぬ人となりました。

 

正直この事件まで知らなかったのですが、若い日本人のユーチューバーが死亡したということで、自分も最近YOUTUBEに動画アップロードしようと思っていたので、事件の背景とかを色々と調べていました。

 

そういった中で今回UUUM側の発表に少し疑問を感じたので、その点とこれからのyoutube業界について思うことをつらつらと書いていこうと思います。

 

 

エイジさんの死の経緯についての疑問

 

今回の事件について疑問に思うことは何点かありますが、まずエイジさんは休暇中に海岸で遊んでいて高波にさらわれて死亡したということですが、事故現場がどうみても遊びでいくような海岸ではないということ点です。

 

 

 

 

現地のサイパンに住んでいる人も今回の事故を受けてこのような発言をしています。

 

 

 

UUUM側は休暇中の事故とコメントしていますが、事故現場はどうみてもバカンスで行くような場所ではないんですよね。むしろ日本でいうなら東尋坊みたいな場所です。こんな危険なところに休暇でわざわざ行くのかって話ですよね。このグループは元から危険な動画を上げていたみたいですし、そういう趣旨の動画を撮りに行っていた可能性が高いと思います。

 

そして、2点目はエイジさんが事故にあった現場の海岸は浅瀬で、高波にさらわれてしまったといいますが、他にメンバーがいたのに、なんでエイジさんだけが高波の被害にあったのかという点です

 

現場にいた他の人たちも被害にあって高波に飲まれて全員まとめて死んでしまったという話なら、あるあるな事故の訳ですが、グループで遊んでいて1人だけ死んだというケースはかなり珍しいです。なぜエイジさんだけが高波にさらわれて死んだのかが非常に不思議な訳です。

 

個人的な推測としては現場は地元でも危険といわれている場所でそういう動画を撮ったのかというと、おそらく↓のような動画を撮っていたんじゃないかと思うわけです。

 

 

https://youtu.be/tnGSwoU0ChM

 

 

 

以前からこういう砂浜に人を頭から下を全部埋めてみたみたいな感じの動画をすしラーメンさんはアップロードしていたわけですよね・・・。そして、今回のエイジさんの死亡事故の現場に居合わせたすしラーメンさんのコメントが↓

 

 

 

 

 

 

もし本当に高波にさらわれたらどこにいるかなんて普通にパッと分からないはずなのに、すしらーめんさんは「目の前で沈んでいる」と発言しています。仮に言い方に語弊があったとしても、高波にさらわれたなら「目の前で流されている」という表現になると思うわけです。高波にさらわれているのに沈んでいるという表現は個人的に違和感を感じますね。

 

 

今回の事故の全容の推察

 

これらの事実からの個人的な今回の事故の全容(あくまで想像です)の推察は、アバンティーズのメンバーは休暇でサイパンに来ていたが、そこでロケスポットを見つけたのでこれまでと同じような海岸で首から下を埋めてみたという趣旨の動画を取っていたんでしょうね。

 

身動きの全くとれない状況で水が浸かってきたwww、満ち始めた波・・・(ナレーション)とかいう感じで、これで撮れ高出来たし撮影終わりにして穴から掘りだそうとしたら、元から遊泳禁止の危険なエリアですし思った以上潮を満ちるのが早く、砂浜に出ていた首から上の部分はあっという間に水に沈んでしまった。

 

動画を撮影していたすしらーめんさんをはじめとするメンバーは、首まで完全に水没してしまったエイジさんを慌てて掘り起こそうとするも、水に浸かった地面を掘り返すのは最初に掘った時よりもかなり手間がかかり、数分かかってしまった。そして、やっと水没した地面に埋まっていたエイジさんを救出して心臓マッサージを行ったものの既に手遅れてで死んでしまった・・・。こんな流れだと思います。

 

かの有名なDQNの川流れ然り、やはり海や川は本当に怖いものだなとこういう事故のたびに改めて感じます。若い頃が危険なギリギリのラインを攻めていくのがかっこいい、そんな雰囲気が複数人でいると出てきてしまいがちですが、川・海といった水辺は本当に怖いので、体裁やメンツよりも安全を優先しなければいけないと思います。

 

 

終わり

 

もし本当に不運な事故であるならば不謹慎ですしお詫びいたしますが、集めた情報を見る限り、今回の死亡事件は危険なyoutube動画の撮影中の事故という可能性が高いと思います。

 

もし撮影中の事故であるならば、動画投稿をマネジメントしているUUUMやエイジさんが死亡した現場に居合わせたすしラーメンさんを始めとした人たちの業務上過失致死ということにもつながりかねませんし、誰かの責任問題にもなりかねない事件だと思います。

 

今のyoutubeが面白い要因はテレビが90年代くらいにやっていた過激な企画をやっているという側面もあると思いますが、テレビ業界でも死亡事故や重大な事故が起きたことで放送倫理委員会などが作られ規制がどんどん作られ、今はつまらなくなってしまいました。

 

そんな中でスマホやインターネットの普及によって誕生し成長したyoutubeはテレビでできなくなってしまった過激なものが見たいという視聴者の欲求の隙間を埋めるコンテンツだったのでしょう。

 

ですが、海外でもいろいろと事故が起きていますし、今回に至っては日本で上場企業が関係しているユーチューバーの撮影中に事故が起こったのかもしれないということで、もしそうであるならば、テレビのように規制が掛かるなど何かしらの問題にならないのかなと思いますね。だからこそUUUM側も仕事ではなくあくまで休暇中の事故であることを強調している・・・そんな感じがしてしまいますね。

 

しかし、だからといってyoutubeは危険だ!Youtuberは全員潰せ!、そういった話に持っていくのは間違っていると思います。これからyoutube・ユーチューバーという新しいコンテンツと職業は魅力的であり、テレビに取って変わっていくことはほぼ間違いないでしょう。

 

ですが、その中でこれからこういった事故が起こらないように、過激な動画は辞める、しっかりリスクマネジメントしたの元で行うなど何かしらの再発防止策を真剣に検討すべきだと思うというのが自分の心境です。