【芸能】TOKIOの山口達也の強制わいせつ事件の闇

 

今回はTOKIOの山口メンバーが犯した強制わいせつ事件で自分が闇を感じた部分がいろいろあったので忘れないように書き留めておきます。

 

 

第一報がNHK

 

そもそもこの強制わいせつ事件は第一報が週刊誌ではなくNHKからでした。なぜNHKからなのかがずっと疑問でしたが、おそらく山口メンバーの犯罪については示談になり不起訴という事になりましたが、非親告の場合は訴えが取り下げられても事件は無くならないため、示談が終わっても事の顛末の調査でNHKにも警察から連絡行ってそこで発覚したのではないでしょうか?

 

しかもNHKのRの法則が原因だったと後々バレた場合NHKは真っ先にたたかれることになるので、そうなる前に発表した→第一報がNHKだったのだと思います。

 

にしても実際強姦だったのを強制わいせつ罪にまで引き下げたとすれば、ジャニーズパワーというか芸能界の恐ろしさを感じます。

 

 

異様に高額な示談金

 

ネットのうわさでは今回の山口メンバーの強制わいせつ罪の示談金は2000万円という話が出ていますが、もし実際に示談金が2000万円だった場合キスと暴言程度で2000万なんて絶対無いので恐らくそれ以上のことをやっています。

 

有名人の口止め相場ってだいたい決まってて、もし本当に暴言を吐いてキスをした程度じゃ500万もいきません。愛人だったことレイプしたことの口止めで1000万超えるレベル。

 

恐らくこの示談金の額はキスだけで済んだとする芝居に合わせて余計なこと言わないこと も含めてのものだと思います。加えて被害者が被害届引き下げても書類送検されて厳重処分ってのは、ただのレイプじゃなくて未成年者のレイプくらいじゃないとおかしいです。

 

普通大人の女性を強姦したとしても、被害届引き下げられたらそれで終わりか条例違反程度で済むはずです。厳重処分付の書類送検なんかまず有り得ません。

 

なので、状況的にキス以上のヤバいこと=レイプ?の可能性は浮かび上がってきます。セクハラだの不倫だのでボロクソ言われているアメリカのトランプ大統領でさえ不倫愛人の口止めに1600万です。

 

今回の2000万という示談金は明らかにレイプ相場になっています。未成年者相手にレイプして被害届引き下げられる事例がなくて厳重処分付の書類送検と考える方が自然です。何度も言いますが、普通キスや飲酒をすすめたり暴言を吐いた程度で厳重処分付の書類送検なんて、まず有り得ません。

 

加えて、今回の他のTOKIOのメンバーの反応が個人的にはまず違和感がありました。というのも報道ではキスだけということになっているのに、城島メンバーや国分メンバーの反応が異様に冷たかったことです。松岡メンバーに至っては解散したほうがいいとまで言い放っています。

 

私は酔ってキスしただけで一生許さないなんて言うのか?ということをずっと疑問に思っていたのですが、今回山口達也メンバーのしたことが表向きはキスだけど本当はレイプ未遂なのだとしたら、他のメンバーの異様に厳しいコメントも腑に落ちるんですよね・・・。

 

例え30年近く一緒にユニットを組んで酸いも甘いも一緒に経てきた仲でも、その仲間が実は常習的に未成年相手にレイプ(未遂)をしていたと知れば、自分が同じ立場でもああいう態度になる気がします。

 

特に国分メンバーなんて妻子持ちですし、今回の事件で山口メンバーに対して嫌悪感を覚えるのも当然でしょう。加えて山口メンバーは今回のようなことを常習していた節もあります。

 

 

山口達也の悪質さと日本の女性の意識の低さ

 

相手が未成年と知っていて、 自分が仕事上圧倒的に強い立場で 呼び出ししてる時点で悪質以外の何物でもない上、 被害者は1人で会いに行ったわけでもないのに この上まだ16か17の被害者を叩ける奴は頭おかしいです。

 

山口メンバーは自分の主演する番組の司会なわけですし、自分の夢の将来を握られとるようなもんやし、芸能界で生きていきたいのであれば、芸能界の大先輩である山口メンバーに対してハッキリ行かないとはっきり拒否するのは上限関係の厳しい芸能界で相応の勇気がいると思います

 

実際自分でもも上司や権力者から誘われたら断るの無理だと思いますし、パワハラ的視点から見てもJK叩いてるやつおかしいと思います。つまり、今回の事件は権力を笠に着たパワハラ&セクハラであり、男性目線から見てもとんでもない重罪だと感じます。

 

にもかかわらず不思議なのは、女性の意見「山口さんに呼ばれてほいほい行く女子高生もおかしい」というものが多いということです。Metoo運動の嘘松告白にはあんなに騒いどでおいて、イケメンのジャニーズのアイドルが加害者だと被害者叩きに回る日本の女性の神経には目を疑いたくなります。

 

山口メンバーなんかCMやテレビに出ている芸能人のイメージ(社会的信用)を利用して連れ込んでるんだから、むしろMeToo運動的などをしている女性にとって最悪の敵なのになぜほとんで騒がないのか不思議でなりません。

 

 

 

 

 

MeToo運動やってる奴らはなんでジャニーズは批判しないのでしょうか?

 

個人的には騒ぐ対象を主観で選ぶ運動に正義はないと思います。なので今後同様の事件が起きたとしても、山口メンバーの時は騒がなかったじゃんということで済んでしまいます。なので、日本における女性の権利を守るはずだったMetoo運動は完全に意味を失ったと思います。

 

まあ日本におけるこのmetoo運動って結局「女性を優遇しろ!男どもは女性に従え!もっと金寄越せ!女性が気に入らない奴は全員セクハラで訴えてやる!」であり、要するにもっとワガママさせろ言うことで、当然ジャニーズはイケメン無罪 不細工にだけ適応ということなのでしょう。

 

このあたりに女性の人権意識の低さが現れています。彼女たちは男女平等を叫んでいますが、その分平等にする事は今まで男性は背負ってきた社会的責任の一部を女性が背負わなければいけないということも意味している訳です。

 

また同時に女性が男性に対して行ってきた不細工・モテないなどの罵詈雑言も女性から男性に対するセクハラであり、それらをやめていく必要があります。

 

しかし、日本人女性はそれらの社会的責任は負いたくないけど、優遇しろ!男どもは女性に従え!もっと金寄越せ!なので要するにもっとわがままさせろ言うことであり、真の意味で平等を叫んでいないわけです。

 

まんさん「欧米では~、欧州では~」 ワイ「欧米や欧州なら山口メンバーの件は一発アウトなんだが?」 まんさん「ここは日本だ!!!!」

 

こういう主張を平然と行っているわけであり、日本人全般、特に日本人女性精神的幼稚というか人権意識が低すぎます。まあ今までの男尊女卑の悲しい弊害なのかもしれませんが・・・

 

 

終わり

 

会見での山口氏の態度を見る限り今回のようなことはおそらく日常茶飯事に行われており、今回は運が悪かった程度にしか考えていないように見えました。

 

何もしないなら帰れ!ってまさに枕で仕事与える側が脅しに使いそうな言葉でこんな言葉。常習犯やないとでてこないと個人的には感じます。またSNSには嘘か本当か知りませんがこんなつぶやきもありました。

 

 

 

また他の4人の謝罪会見で、松岡メンバーが「山口はアル中ではない」「山口は病気です」 と言っていたのですが、これはつまり山口メンバーはアル中ではなく、別の病気→レイプ常習て事なのかなとも推察できます。

 

まあ昔ならば権力にものを言わせてもみ消せた不祥事も最近はネットの普及によりちゃんと明るみに出るようになったことはやはり良い傾向だと思います。加えて天下のジャニーズ様もスマップの件などで影響力も低下しているのでしょうね。

 

メディア周辺の人間も今までジャニーズに対して抱いていた不満が影響力の低下で爆発しているように感じます。

 

にしても、16歳少女と淫行した東国原と飲酒運転してパトカーから逃げ助手席にいた女性と共に電柱に突っ込んだ坂上忍と当時未成年だったNEWSメンバーと飲酒してた菊間千乃が上から目線で山口達也の話してるのが個人的には違和感半端ないです。

 

お前が言うなって感じです。こう言うのがTV離れの原因じゃないかと思います。誰も見たくないでしょこんなの茶番・・・。実際今回の山口達也メンバーがしてたことがあくまで氷山の一角にすぎず、その陰で問題にならないジャニーズメンバーのこういった事件が当たり前のようにあったと考えたら、ぞっとするばかりです。

 

あたらめて芸能界は富士山と同じで遠くから眺める分には華やかな世界ですが、内面はやはり見世物小屋から始まった芸能というだけあって、性などに対してほかの業界よりもかなり下劣だと思います。今回被害を受けた女子高生もそうですが、芸能界を目指すなんて絶対に止めるべきですね。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/05/04/post-1050/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳 
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2017/12/13/post-213/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 

ハリルホジッチ解任から見るサッカー日本代表の腐敗構造

 

先日、サッカー日本代表のハリルホジッチ監督が解任されました。原因については選手との不仲など諸説ささやかれていますが、直前にクビにして成功した国は皆無。

 

このまま大会に臨んでダメだったらそれを改善していかなきゃいけないのにこれじゃ何が良くて何が悪かったのかわからなくなりますし、理由はどうあれこの決断は結果重視、過程重視どっちの観点からしても世紀の愚策でしょう。

 

にしてもサッカー代表で直前解任が起こるのは、大抵アフリカの国の協会内部の派閥の揉め事とか金銭トラブルとかですし、日本はアフリカレベルのアホだということになります。

 

 

ハリルホジッチは無能なのか?

 

マスコミの報道ではハリルホジッチ監督は代表成績が良くなかったからクビという感じですが、そもそもハリルホジッチは日本代表をアジア予選一位でワールドカップ進出を決めていますし、別に無能というわけでもないと思います。

 

もちろん超有能かと言われればわかりませんが、少なくともこの時期に成績不振で切る意味が分かりません。そもそもワールドカップ前の親善試合なんて他のグループリーグのチームもスパイしているでしょうし、本気で臨む方がおかしいです。

 

前回大会の結果が散々だったのも本番前の練習試合で手の内をすべてさらけ出してしまったのが大きいと思います。またハリルホジッチ監督はとても仕事熱心だったようです。

 

 

日本代表の活動がない時も、ほぼ毎日JFAハウス内の監督室にこもり、対戦国分析や日本人が出場する試合のチェックに時間を割いた。 日本協会関係者は「毎日のように(JFAハウスに)いる。こんな日本代表監督は過去に記憶はない」と証言していた。

 

自他ともに認める仕事の鬼。 志半ばで任を解かれたが、FIFAランクトップ20入りを目標に掲げ、日本を本気で強くしようとする思いはリスペクトに値した。

 

「こんな代表監督は記憶にない」ハリル監督 本物だった“強くしようとする思いhttps://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20180410-00000104-spnannex-socc

 

 

こんなに熱心に日本代表がワールドカップで勝てるように分析と研究を重ねていたのに本番直前に謀反起こされて果てるとか成仏もできないでしょうね。とても無念だったと思います。

 

 

 

 

結果がすべてってアジア予選は1位通過ですし、叩かれてた初戦のUAE戦は完全に誤審で日本のゴール取り消し&相手のノーゴールがゴール判定で本当は勝ちですし、絶対に負けられない戦い(アゥエーUAE戦)はきっちり拾っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

成績不振と言いますが、予選リーグでの成績は歴代監督トップクラスですし、ワールドカップ直前の親善試合とか遠征の試合に全力で手札さらけ出して勝てというんですかね。2014年はそれで本選でボコボコにされましたし。。。。

 

ハリルは相手を分析してそれにあった最適戦術を打ち出すタイプなので、本番に向けて対戦国の分析進めていたでしょうし、セネガル勝ちポーランド引き分けくらいはひょっとしたらあるかもって期待してたのに残念です。

 

そもそもハリルってアルジェリアでの手腕を見ても、本番直前まで選手入れ替えてながら試して、本番に結果出すみたいな監督なのに本番前でクビってなんのために呼んだのでしょうね?

 

まあハリルホジッチ監督を呼んだサッカー協会の霜田さんは今の田島会長との権力争いに負けて失脚していますし、田嶋会長からすればハリルを呼んだ責任は霜田にあって俺はなんにも悪くないって感じなのでしょう・・・。

 

競技を振興させるための協会なのに権力闘争のドロドロでその競技に悪影響を出しているのが、ほんとに日本のダメなところを凝縮しているように思います。

 

またハリルは予選通過で結果出して本番のワールドカップに向けて本当の意味のテストマッチしていたのに、スポンサーや電通の顔色伺って弱い相手ボコってドヤるのがテストマッチって思ってるんですかね?

 

まあ彼らからすれば、日本代表は本気で強くなる必要はなく、強豪っぽい雰囲気と人気があればいいのでしょうね。

 

そういう意味では彼らに現実見せてそれらをなくしたハリルはスポンサーやマスコミにからすれば、無能なのかもしれません笑

 

ハリルはビジネス目線で勝利を追及してた。選手やスポンサーはモチベーションや広告など優先の馴れ合いお遊びサッカーしたかっただけという感じに見えます。

 

 

ハリルホジッチのサッカー

 

マスコミで報道されている選手たちから告発された、ハリルホジッチの問題行為一覧がこれです。

 

・選手個人の活躍よりチームとしての勝利に固執する

 

・日本代表が嫌いな球際を無理やり練習させる

 

・作戦のためなどとミーティングを頻繁に行って選手たちを混乱させる

 

・本戦前の大事な時期なのに好きな食事を許さず栄養管理を強要する

 

・試合に負けるたびに原因を厳しく追求し選手たちを苦しめる

 

・試合と関係ないときも選手達になれなれしく話しかける

 

・自分たちのサッカーという日本精神の真髄を否定する

 

 

マスコミでは日本は強豪国みたいな雰囲気を出していますが、冷静に見て日本の世界ランク40~50位で、そんな国がW杯で8強に入ろうとしているのですから、 体を張って戦って泥だらけになって歯を食いしばれる選手と監督が必要でしょう。

 

ハリルホジッチにはそのやる気があっても選手にはなかったんでしょうね。アルジェリアをベスト16に導いたときは選手にやる気がありました。

 

恐らくハリルホジッチの言うことをちゃんと聞いて選手が精いっぱい努力すれば日本はかなり強くなっていたでしょう。

 

それができる方法自体は彼は提案していたと思います。不幸なのは日本の代表選手がマスコミやスポンサーに甘やかされた意識の低いゴミでそれに耳を貸さなかったという点です。

 

そもそも選手が監督のスタイルに合わせなかったらそいつは使わないで、監督は自分のスタイルに合った選手を招集するに決まってますし、それがダメならそもそも何でその監督を連れてきたんだって話になるますし、監督のスタイルでやってもらうために連れてきたのに その監督のスタイルに贔屓の選手が合わせたくない言ってるから解任ってさすがに協会がガイジすぎます。

 

日本代表の選手には欧州クラブで20ゴール決めるFWがいない。DF密集地帯を高速ドリブルで抜けるクラックがいない。 攻守を5:5でこなせるアンカーがいない。カンナバーロ並のCBがいない。

 

ノイアーのような守備範囲の広いGKがいない。 そんな人材不足のヘッポコバカ日本代表・・・誰が指揮しても結果出せるわけない中、ハリルホジッチ監督はフィジカルや戦術面から日本代表を根本的に強くしようとしていたのだと思います。

 

またハリルには戦術がない、とにかく縦パスするだけだという批判もありますが、ハリルは相手チームによって戦い方変えてるだけで、ガチガチの分析家で戦術も多才なことが売りの監督です。

 

 

誰がハリルホジッチを解任したのか?

 

そもそもハリルホジッチに対して協会は、ウクライナ戦終わった後にこの体制で行くって明言してたのに、そこから何かがあったのでしょうか?

 

恐らく解任の真の理由はスポンサー周りにあるのではないかなと自分は見ています。

 

なんの忖度もない地方新聞ははっきり香川の後ろにいるアディダスだと言っています。共同通信ソースを忖度なく使っているので他のメディアより信用できるのではないでしょうか?

 

 

 

そして、最終予選ラスト3試合、アディダス履いた選手を一人も先発させていないので、これがスポンサーがハリルホジッチを解任させる契機になったのではないでしょうか?

 

 

6月13日 日本代表対イラク代表

 

 

 

8月31日 日本代表 対 オーストラリア代表

 

 

 

9月5日  日本代表 対 サウジアラビア代表

 

 

 

メンバー表見てアディダスの人間は真っ青になったでしょうね。香川はケガしているから呼ばれていないという風潮でしたが、そもそも香川選手は怪我する前から呼ばれていません。

 

にも拘わらずブラジル戦とベルギー戦のポスターでデカデカと広告等として香川を宣伝して、肝心の香川選手はハリルに呼ばれませんでした。

 

そして、代表外された選手が、わざわざ代表の試合観に来て協会の奴に談判するとかどう考えても異常事態です。

 

まるで俺の日本代表と言わんばかりの態度です。

 

 

 

 

ハリルホジッチの元じゃ選ばれそうにないから選手(本田&香川)と、そのバックにいるスポンサーが協会に働きかけてハリルホジッチを降ろしたというのが恐らくもっとも現実的な理由だと私は思います。

 

W杯予選を余裕で突破してW杯出場決めてる訳ですし実績は別に問題ないです。単に視聴率が悪くて話題にもならなくてスポンサー効果が低いからスポンサーが怒っただけとしか思えませんが、そんなのはハリル関係なくサッカー人気が落ち着いてきただけの話ですし、訳が分かりません。

 

まあそもそもJリーグが人気で、地上波で放送しまくりの放映権料ガッポリ グッズ売上もチケット売上も好調でチームは黒字ガッポリって状態なら、ここまでスポンサーの力強くなってないですし、結局人気無くて金無くて、大口のスポンサーに逃げられたら協会が終わるという状況が今回の騒動を引き起こしたように思えます。

 

税リーグの失敗が回りまわって代表にも悪影響をもたらしているように思えます。

 

 

「自分たちのサッカー」とは何なのか?

 

日本代表の試合後のインタビューで頻繁に出てくる「自分たちのサッカー」という言葉があります。勝てば自分たちのサッカーができた。負ければ自分たちのサッカーが出来なかった。日本代表の選手の試合後のコメントはこんな感じです。

 

ではこの自分たちのサッカーとは何なのでしょうか?本田選手や香川選手のコメントをまとめると、彼らのいう自分たちのサッカーとはボール保持しまくってパスを繋いで攻撃するみたいなスタイルなのでしょうが、そんなことが許されてるのはスペイン ブラジル みたいな化け物オールスターなチームだけです。

 

これに対して、日本はその段階ではないから他のサッカーをしようと言っているのはハリルホジッチだけではなく、歴代外人監督の皆が言い続けていることです。古くはトルシエ監督が言い始めたことであり、最近ではオシム監督がその正体について言及しています。

 

 

 

 

 

 

オシムさん、自分たちのサッカーの正体を突き止める

https://youtu.be/aXT3m69erEo

 

 

そもそもハリルホジッチ監督は縦パスについてものすごく叩かれていますが、ザックJAPANのときも最終的にはハリルと同じ結論に至って縦に速いサッカーしようとしていました。

 

ですが、選手の造反で折れて自分たちのサッカー(パスサッカー)にし、ハリルがきても俺らやりたないわってなって結局解任というのは明らかに選手サイド問題があると言わざるを得ません。

 

SNSで誰かが自分たちのサッカー=格ゲーのトレーニングモードって言っていましたが、個人的にこの指摘はかなり当たっているように思えます。

 

動かない相手に高難易度コンボ決めてシコってる状態、それを上級者の対人相手にやろうとして、通用しなくて自分たちのサッカーができないって言ってる感じだと思います。

 

ウイイレとかのサッカーゲームでCPUのレベル最低にすると相手が棒立ちでパスも全部通りますし、やりたい放題できます。それが彼らの言う「自分たちのサッカー」の正体なのでしょう。

 

まあこういう腐った思考回路になっているのは、そもそも日本サッカーの育成自体が腐ってることが原因なのでしょう。

 

未だにボールをちゃんと止めれて蹴る技術を鍛えればOKみたいんば指導者が多いですが、世界的には若年世代からゾーンディフェンスの動き方とかポジショニングとかを徹底的に仕込まれます。

 

昔から言われていますが 日本人は驚くほど戦術理解度が低いです。トルシエはそこに驚いたから頭のいい奴らを選考基準にしました。

 

あれから15年経っても戦術理解度が低いまま 言われても理解すらできず、ザッケローニが初めて諦めずにゾーンプレスをセンチ単位でポジション指導して3年目でようやく長谷部が少し理解できてきたっていうレベル。

 

ハリルも就任当初からあまりの意識の低さにお手上げ状態って感じでしょう。不眠症になるのもしょうがありません。

 

 

代表が広告ビジネスになっている

 

今回の騒動を見ていて思うのは日本代表が勝つためではなく、ただの広告ビジネスに成り下がっているのではないか?ということです。

 

サッカー選手の主な収入は年俸の他にもメーカーとの契約というのがあります。代表になれば契約メーカー数も増えますし、すべては金のためであり、マネーゲームで戦ってるのかもしれません。

 

実際ネイマールも「日本代表には必死さが足りなかった僕ら(ブラジル代表チーム)でも泥臭く攻め続けるのに、格好を気にしてるようにみえた」「経済的に発展してるし、広告だけで満足なのかな」と中々痛い指摘しています。

 

ただでさえフィジカルも技術も劣っているのに、その上やる気もないってもう終わりですよね。

 

マスコミがスポンサーに言われて無理やりポジって盛り上げるのを、選手側が真に受けて勘違いしてる節がある気がします。

 

 

終わり

 

本気で今後の日本サッカー強くしたいなら、ハリルホジッチ監督を変えないでやってどんな結果になろうとちゃんと総括するべきです。

 

実力もないのに、デカイ顔して、デカイ口叩いて、あたかも大物に見せるやつが日本代表の元凶でしょう。

 

 

 

 

監督に提言?戦術批判? まあ監督に提言するのは。海外選手だって良くやりますしビッククラブでも造反もたまにあります。

 

ただ、自分達の実力を知りましょうよ。

 

提言する前に君達は上手いの? パスダメ、シュートダメ、デュエルダメ、コミュニケーションダメ。それで監督には戦術批判? アホです。

 

そんな内部を政争を起こす暇があるなら信念を貫くサッカーをして、ユニフォームを泥だらけにして、デュエルを挑み続ける姿を見せるのが先決だと私は思います。

 

選手は低レベルのガキ 選手が言うこと聞かないんじゃ誰監督にしても変わらないでしょう。協会は金の亡者 スポンサーはただの圧力団体、ゴミのコラボレーションです。

 

外国勢雇えば最低の扱いで追い返し 日本人雇えばマスコミ使って袋にした挙句サポーターが家まで怒鳴り込み、1年前はサッカーは監督が凄い勝敗の差を左右する、日本人監督はゴミしかいないし実績もないから選手も言うこと聞かない だいたい誹謗中傷が酷すぎて誰もやらせたがらない、外国人監督がベストとか言ってましたねえ・・・。

 

予選1位で突破させた監督をこの2カ月前の時期に理由も伝えずに解任する国にして 次の外国人監督招聘は上手くいくのでしょうか?

 

結局スポンサーはサッカーのことをカッコいいイメージで売り出したいのに、協会と組んでやってることが最高にダサすぎて若者離れを起こして結果的に衰退に繋がっているのが、税金ドバドバつぎ込んで成功しなかったJリーグと同じ失敗を繰り返しています。

 

まあ本気で日本の勝ちを目指す意識の高い監督は過ぎた代物ということであって、スポンサーの利害調整をしつつ有名選手を目立たせる日本専用の監督でっち上げればいいんだから、わざわざ外人監督不愉快にさせる必要はないですね。はい

 

このままオワコン化でいいでしょう。

 

 

【平昌五輪】マスコミが報道しない下町ボブスレー騒動の真実

 

 

下町ボブスレーとは?

 

道徳の教科書に掲載されており、ドラマ化の予定もあったそうです。

 

 

下町ボブスレーの真実

ソース云々は多分このネタやろ お前ら毎日のように下町叩いてるが下町ってそんなに悪いか? ボブスレーの知識ゼロなのに外国産のソリを分解して「こんなもんか」とコメントするなどまるでこの程度なら簡単に作れると言わんばかりにソリ作りを開始し →http://www.joqr.co.jp/nmt/special/2017/05/6201751519oa.php

 

なぜジャマイカ代表は下町ボブスレーを使わないのか?

 

 

 

最終目標を「ボーイング、エアバスといった外国企業から仕事を受注すること」とボブスレーを踏み台に仕事をとることに設定していて

→http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20130409/346949/?P=7

 

「下町ボブスレー」といって下町の人たちが細々と頑張ってるようなネーミングだけど実際は大企業を含む20社以上のスポンサーが集った一大プロジェクトで →http://bobsleigh.jp/sponsored

 

プロジェクトのGMが「夢を実現するためだから」と言って短い納期で下町の人間を無賃で働かせて →http://www.nikkeibp.co.jp/article/tk/20130319/344369/?P=6

 

それなのにメディアはオリンピックという舞台を利用して「日本の下町の技術が世界へはばたく」という感動のストーリーを作り上げようとして 道徳の教科書に載せる、書籍化、ドラマ化までして 自分たちも大企業から支援受けまくってソリ開発してるくせに他国の大企業がソリを作ってることを公式twitterが馬鹿にして

 

 

 

 

「下町の高い技術力」をウリにしてるくせに自国の代表につかってもらえず資金に乏しいジャマイカボブスレーチームに「技術」ではなく「無償提供」をエサにソリを使わせて ジャマイカをサポートといいつつジャマイカチームのことを結果を出したら自国のソリを使わない日本の代表チームをメディアを煽って叩くための踏み台程度に考えていて →http://kantou.mof.go.jp/content/000133138.pdf

 

ストの影響で届かなかった日本製のソリに代わってドイツのクラブから借りたラトビア製の既製品の300万のソリに使用感で負けたことがきっかけでオリンピック本番でソリを使ってもらえず しかもそのジャマイカがソリを使わなかった理由が下町側の発表で言っているストの影響ではなく日本製のソリが国際競争仕様になってなかったからドイツ製を借りたという海外の報道もあって →http://www.mcclatchydc.com/podcasts/majority-minority/article198645239.html

 

 

大会直前の大事な時期に2億を超える損害賠償請求をチラつかせてジャマイカの選手と国民を動揺させて使いにくい日本製のソリをオリンピックの舞台で使わせようとしてるだけじゃん →https://www.nikkansports.com/general/news/201802060000151.html

 

中小やけどスゴイ技術持った職人さんたちの美談ストーリー作りたかったんやろけど 実際の姿はそういうストーリーに登場する職人さんたちの敵役そのものやからね

 

「大企業や権力をバックにつけて金を集め、粗悪品を渡しこれじゃ使えないと断る相手に契約を盾に巨額の金を要求する」 ってこれのどこに日本人のイメージする町の職人の姿があるんやと  「移送や運送の費用も出すし無償で提供するという甘言で契約を結ばせ」 「いざ提供されたものは質が低いだけでなく安全基準すら通らず本番で使えない可能性すらあるゴミ」 「だがそれを使用しない場合は契約違反だからと数億の違約金を要求される」 完全にドラマの悪役です。

 

 

 

 

 

 

 

 

日本代表に使われない下町ボブスレー

 

下町ボブスレー使ったジャマイカ男子は予選落ち 日本代表はソチと今回で二度断ってる この辺には触れないマスコミ。電通が関係しているからかどこもダンマリです。

 

オリンピック直前なのに規格違反の道具しか用意出来ない日本サイドがむしろ違約金を払うまであると思います。

 

 

 

 

ジャマイカ代表「下町よりラトビア製の方がいい」

 

日本代表「下町よりラトビア製をベースにヤマハに改造してもらったやつの方がいい」

 

 

 

そもそも最低基準すら満たしていない

 

ジャマイカボブスレー連盟代表が本日午後に香港のRJR放送でインタビューを受けた 現在弁護士をつけて日本側と話し合い中 我々には契約書に書かれていないことを主張する正当な理由があるとのこと あと間違いなく下町ボブスレーは2種の材質試験で不合格、そしてアスリートに危険なものだとのこと

 

ソース:Bobsleigh Federation and Japanese manufacturer in legal battle http://rjrnewsonline.com/sports/bobsleigh-federation-and-japanese-manufacturer-in-legal-battle

 

 

 

 

そして、ジャマイカ代表はオリンピック直前に突然コーチが辞任してそりを失い、五輪出場が危ぶまれたのですが、ジャマイカの女子2人乗りのボブスレーチームに同国のビール会社がそりを提供しています。

 

ここでも下町ボブスレーも無償提供を持ちかけたのに選ばれていません。もはや金や技術の問題ではなく安全性に問題があるのではないでしょうか?

 

 

下町ボブスレーは安倍政権の国策の可能性

 

 

 

 

 

 

 

日本の技術はもう世界一ではない

 

 

 

 

 

 

 

技術大国名乗るくらいなんやから「お前んとこのソリうんこやん」って言われたら奮起してもっとええの作れや 「ほーん?じゃあ賠償金な?」って・・・

 

自国チームが採用しないものをなにがなんでもジャマイカに押し売りか。。まるでポンコツのオスプレイを日本に押し付けるアメリカと同じです。

 

今回の下町ボブスレー問題は日本の恥というか、今の日本の状況をよく表していると思います。

 

日本製品の評価は、ここ数年で「値段のわりに高品質」から「値段相応の品質」になり、神戸製鋼に始まる一連の問題でもう「胡散臭い日本製」とまで言われるようになりました。

 

外国からこういう評価をされても、目くじらを立てるばかりで全く反省はない。今の日本がダメなところ少子高齢化や人口減少やデフレスパイラルではなくこういうところにあると私は考えています。客観的に見て廃れて当然の国でしょう・・・。

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

オリンピック出場権をかけたワールドカップの当日に納品が間に合わない オリンピック直前の1月に2回のレギュレーション違反 普通に考えたらこの時点で下ボブの契約違反ですし、違約金を請求するのはおかしいと思います。

 

日本で認知されてないマイナースポーツな上に電通バックなのをええことにやりたい放題。

 

そしてモリカケなど安倍政権の肝いりの政策である地方創生も結局国の補助金を自分の仲のいいところに回しているだけで本当に必要としているところに届いていないように感じます。

 

 

 

 

私は別に左翼でも反日思想ではありませんが、神戸製鋼をはじめとする大企業の不正、そして今回の騒動、技術力云々以前に人として大切なものを失くしているのではないでしょうか?

 

昔馬鹿にしていた韓国と同じようなレベルにまで国民性が落ちてしまっている気がするのです。

 

 

 

 

 

 

【特撮】仮面ライダーの聖地である六本木トンネルにいってきた話

 

冬休みの東京に行く用事があったので、ついでに特撮ロケ地の聖地巡礼をしてきました。他のところもいろいろ回ったのですが、まずは自分が一番好きな六本木トンネルについて紹介したいなと思います。

 

 

六本木トンネルの行き方

 

六本木トンネルは六本木という名前ですが、電車でいくと乃木坂駅で降りるのが一番近いです。何番出口かは忘れてしまいましたが、地下から地上に上がり左側(六本木方面)にまっすぐ進みとすぐ着きました。多分東京の人からしたら当たり前なのでしょうが、自分は田舎者なので調べるのに苦労しました(笑

 

 

六本木トンネル

 

 

 

ここは仮面ライダークウガでメ(ゴ)・ガリマ・バと戦った場所ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここはドルドとブウロがガリマを見つめていた場所でもあり、アギトでもちょくちょく出てくるところです。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、↓の六本木トンネルを抜けたあたりは仮面ライダーアギトの30話あたりで使われた場所ですね。あつかき号のメンバーである相良さんが追いかけられていた場所です。

 

 

 

 

 

 

 

余談ですけどアギトは怪人(アンノウン)の登場の仕方が独特なのも好きなポイントですね。カメラワークが後方に向いたらそこに佇んでいたり、ジャガーロードみたいに一匹倒したらもう一匹が不意に襲ってきたりするのが結構ドキッとしますし、見てて楽しいです。

 

 

 

 

 

 

そのあと戦闘になり、トリニティーフォーム発お披露目の場所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、トンネルを抜けて横断歩道の向かい側にある階段を上り、その先をまっすぐ行くとホリエモンとかで有名な六本木ヒルズが見えてきます。撮影当時は建築中だったのか後ろに重機が見えています。

 

 

 

 

六本木ヒルズと聞くと単なる高層マンションだけだと思っていたのですが、実際に行ってみるとショッピングエリアやレストランがあって驚きました。自分もこのあたりに住めるくらいのお金が欲しいですね笑

 

 

小室哲哉氏の不倫騒動と決して他人事ではない介護という社会問題

 

 

先日、俗にいう文春砲が炸裂し、小室哲哉氏が不倫しているという衝撃のニュースが世間を騒がせました。

 

この報道を受けて小室氏は記者会見を開いて引退を発表し、その中で自身の妻であるkeiko氏の介護のストレスについても語りました。

 

不倫は絶対悪なのか?

 

不倫といえば、刑事罰はないとはいえ民事なら不貞行為にあたり離婚訴訟などでは不利になる案件です。

 

ですが、あくまで不倫は当事者間の問題であり、外野がとにかくいう問題ではないと思います。

 

去年のベッキーとゲス川谷氏のようなよくあるパターンならまだしも今回の小室氏の場合は不倫相手と目されている女性は医療関係者ですし、小室氏の妻の介護に関する悩みを聞いているうちに一線を越えてしまうというのもしょうがないかなと思います。

 

小室氏が冴えないおっさんならともかく全盛期を過ぎたとはいえ世間以上にお金は持っていますし、日本を代表する音楽家です。しゃーない。

 

 

 

高次機能障害とは?

 

 

 

 

介護で大変なのはまず肉体的にフォローすることはもちろんのことながら脳などをやられた場合、その後の日常のコミュニケーションをとることが非常に難しくなることです。

 

これはおそらく実際に身内が頭の病気などで倒れた人にしかわからないと思いますが、人間はコミュケーションをとることで生活している生物で意思疎通がうまくできないというのは思っっている以上にイライラしますしストレスが溜まります。

 

親ならまだしもこれからまだまだ人生を共にするはずだった伴侶がそうなってしまうのは非常につらいと思います。

 

もちろん不倫はいけないことだと思いますが、ほかの人にすがりたくなると気持ちもわからなくはありません。

 

今回の騒動がゲス川谷の時みたいにバッシング一色にならないのは、こういった介護疲れから他の誰かに頼るというのは高齢化社会を迎えつつある日本において決して他人事ではないと見なが心の中で薄々感じているからだと思います。

 

 

日本が抱える介護の問題

 

今回の報道で明らかになった妻であるkeiko氏の介護疲れ、まあ小室氏は昔に比べたらお金はないといえども、後ろには詐欺の借金を肩代わりしてくれたエイベックスもいますし、現在でも世間一般よりははるかに高水準の暮らしをできていると思います。

 

そんな小室氏でも悩みになる親族の介護の問題、これは決して他人事ではないと思います。

 

 

 

 

 

 

終わり

 

子育ては子供が年を取るにつれて成長する=今よりマシになるという事が分かっているので、めんどくさいことや辛いことがあっても親は頑張れます。

 

しかし、介護は基本的に悪くなることはあっても良くなることはありません。これが精神に一番きます。

 

加えてその人がしっかりしていた頃を知っていると予見に今の姿とのギャップで気が滅入ります。これは実際に介護をしないと分かりませんが本当に辛いです。

 

小室氏の場合は一年のうちはkeikoさんを実家の方で面倒を見てもらっていたみたいですが、それでも60近くになって伴侶があんなことになってしまい孤独なのは寂しかったと思います。

 

 

 

その結果今回のようなことになってしまったのでしょう。確かに不倫は世間体としては良くないことであるのは間違いありませんが、私には今回の会見内容が多少脚色されたものであったにしろ糾弾する気にはなれません。

 

そして、それを面白がってネタにする週刊誌に非常に憤りを覚えます。確かに人間の汚い部分を見たいという人々のひそかな需要があるからこそ週刊誌という商売が成立しているのでしょうがゲス川谷とベッキーの不倫以降文春は、文春砲だの文春君だの自分たちの仕事が卑業であることを忘れて調子に乗りすぎていると思います。日陰者であるという自覚をあたらめて認識しなおさないと今度は文春が社会から糾弾される存在となるでしょう。

 

 

 

 

僕は本業は資産運用で一応どうすればより儲けられるか毎日努力して試行錯誤を重ねています。そんな感じで自分の人生を精一杯生きていれば人のアラなんてどうでもよくなるとおもいます。

 

人のアラ探して下に下引っ張るより自分を高める努力をして、みんなが上を向いて歩けばこんな低俗な雑誌は需要が亡くなってそのうち消えていくと思います。

 

そして、やはり市川海老蔵氏や小室哲哉氏を見ていると若い頃の自分の業は巡り巡って自分または親密な人間に跳ね返ってくるんだなあと因果応報というものを改めて感じずにはいられません。

 

私も今若干人生が少しイケイケになってきたところですが、成功に慢心せずにこれからも謙虚生きていくように努力しなければと改めて思い直しました。

 

 

 

 

 

ブログを始めて1年たった今のPVとアフィリエイト収益の報告

 

今回はブログを開設して2017年11月で丸1年が経過したので、現在のブログのPVとアフィエイト収益の報告をしたいと思います。

 

ちなみに今までのブログのPVやアフィリエイト収益の推移は↓の記事で報告しています。

 

 

 

【ブログ運営】ブログ開設9か月目でのアフィリエイト収益報告

 

ブログ収益が月10万円を超えるまでにやったこと

 

 

 

ブログ開設1年経過した今のPV

 

現在のブログのPVは月30万PVくらいです。

 

推移はこんな感じです。

 

 

 

やはりブログ開設3か月目から一気にアクセスがくる感じですね。指数関数的に増えていきます。

 

いろんな有名ブロガーさんがブログは最初の3ヶ月間は死ぬ気でやれといっていますが、僕も実際にブログを運営してみて、その意見には結構納得できるものを感じています。

 

ただ追記しておくならば、無料ドメインならば3ヵ月、ワードプレスなどの独自ドメインならば6カ月です。新しい独自ドメインで1からブログを始めるとGoogleのエイジングフィルターに恐らくかかるので最初の半年くらいはどんな良い記事を書いても全然アクセスは集まりません。

 

 

アフィリエイト収益はどうなった?

 

ブログを一年間毎日欠かさず更新してきた僕のブログ収入はいくらになったのか?いきなり結論からいくと、今月にアフィリエイト収入は月70万円くらいでした。

 

その内訳がGoogleアドセンスが大体15万円くらいでAmazonが1万円、ASPの収入が60万円くらいです。Googleアドセンスは2017年の4月に始めましたが、初月の収入は約3000円でした。めっちゃ努力して時間をかけて月3000円で正直心が少し折れかけた時期もありました。

 

ですが、ブログを書くということが好きなので根負けせず続けた結果、現在は月10万円を超えて、今月は15万円くらいになりました。

 

これだけでももう下手な新卒の初任給くらいはあるのでうれしいです。やはり物販は安定しない面もあるので大体PV数に一定の比率で比例して収益の発生するGoogleアドセンスはブロガーにとって頼もしい存在ですね。

 

Googleアドセンスは広告をクリックしてもらう、というよりこの記事の広告枠を貸してやるくらいの意識をもって取り組んだほうが成果がでると思います。アドセンスはあくまで収益の中心ではなく、基礎収入みたいなもので収益の中心は物販に持っていくのがいいかなと思います。

 

そうすれば記事の質も上がりますし、アドセンスの収益も上がると思います。そして、ASPは金融系で仮想通貨のアフィリエイト報酬が主な収益源となっています。

 

 

 

 

ビットコインをはじめとした仮想通貨自体が今すごいブームなので出来すぎですが、このブームもいつまで続くかわからないので、ほかのジャンルも開拓して収益の多角化を図っていきたいですね。

 

 

終わり

 

ブログなんて色んな人が言うようにちゃんと継続していれば結果は出るものだと思います。ですが、継続して正しい努力を続けるというのは結構難しく、みんながみんな簡単にできるものではないと思います。

 

ブログで稼げる。みたいなのは愚直に続けた人だけで実際は泥臭くて、細かい試行錯誤の繰り返し。簡単に儲かるなんて事はありません。昔はブログは誰でも書けると思っていましたが、実はブログを普通に書いている時点でそれはすでに普通じゃないと今では思ってます。

 

あとブログが軌道に乗るかは正直運の要素もかなりあると思います。なので、絶対にこうすればできるというものでもないので、いくら情報商材やSEOの参考書を読んでもあまり意味がないと思います。

 

他の記事(ブログ収益が月10万円を超えるまでにやったこと)でも言っていますが、結局記事と文字を書いて数の力で殴るしか継続的にPVと収益を維持する方法はないと思います。

 

 

 

 

それをするのも一種の才能だと思うので誰にでもできるとは思いません。現に僕は色んなジャンルで何個かブログを運営していますが、最初の金融系のブログと同じくらい成功したのはまだありません。

 

それには書く内容が思いつかなくて更新をやめてしまったり、真剣に書いているけど競合が強くて全然PVが伸びないなどなど原因はいろいろあります。そういった意味で、僕は今までどうすればPVが増えるかや収益が上がるかを必死に模索しながら努力を続けてきて、今のブログ収入はその努力の賜物だと思っていますが、やはり運の部分も大きかったと思います。

 

なのでこれからも驕らずにブログを淡々と更新していけるように頑張っていきたいと思います。ただやはりブログで一定の成功を収めると生活が変わります。バイトやサラリーマンをしている時は働いて働いた時間分しか給料がもらえませんでしたが、ブログが軌道に乗ると、今までは必至に働いて得ていた金がゲームしていたり、遊んでいる間にも発生するのでありがたいです。

 

もちろんブログ以外にも方法は色々のあるので自分にあった副業スタイルが大切だと思います。これからAIやRPAによってホワイトカラーの仕事は減ると思います。もう「言われたことを我慢しながらこなして給料もらう」では時代遅れでしょう。これからの時代に必要な努力は自分の好きなことで金を稼げるようになることだと自分は思っています。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/09/04/post-296/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/02/12/post-364/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/02/12/post-508/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/07/13/post-868/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 

【映画】コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道 の感想

 

 

今日朝イチで、「コードギアス 反逆のルルーシュⅠ 興道」を見てきたのでその感想を書いていきたいと思います。

 

あらすじ

 

映画の内容はアニメ本編の、C.Cとの出会いから黒の騎士団結成、そして藤堂奪還あたりまでの内容を新規カットを混ぜて総集編にした感じですね。

 

個人的にはめちゃくちゃ満足の内容でした!キャラデザや音楽・作画も安定していましたね。あとアニメ本編と違い、エンディングとか話を中断する要素が無いのでテンポが良かったです。

 

まあ元が面白いので何回見ても面白いですね。最近は鉄血のオルフェンズとか異世界スマホとか糞アニメばっかり見ていたので久しぶりに面白いアニメ見た気がします。(笑)

 

数年前に見直してからちゃんと見てなかったので新規カットは全部は分かりませんでしたが、カレンの腹出し衣装とかは明らかに新規カットでエロかったです。

 

シナリオ自体の感想としては、まず本編との大きな違いとしてはマオ編がカットされてました。

 

これでギアスの暴走云々の話が無くなったのでシャーリーが完全に町でルルーシュを付け狙うストーカーみたいになっていてちょっと面白かったです。

 

マオカットでシャーリーのギアスとの接点が無くなったことでワンチャン生存ルートくるかもと思うんですけどシャーリーって死にヒロイン感がなんかすごいので結局死にそうな気も・・・。

 

ルルーシュが黒の騎士団のメンバーを駒として扱うシーンが多く、R2の最後でシュナイゼルの策謀によりロロ以外の全員から裏切られる伏線をしっかり張っているなあと感じました。

 

あとはなんと言ってもジュレミア=ゴットバルトことオレンジですね。総集編でも怒涛のオレンジ連呼で見てて笑いました。

 

藤堂もちゃんと捕まってました(一回目)し、このままギアス界のピーチ姫の称号は安泰みたいです笑

 

またマリアンヌがいいお母さん風に何度も写真立てごしに出てくるのですが、R2のV.Vとのくだりを知ってる身からすれば全然回顧するほど良い母親じゃねぇよなとなんか微妙な気分。。。

 

そして、相変わらず扇は自分は何にもしてないくせにゼロへの文句をブツブツと口にして敵であるヴィレッタを拾ってましたね。(ヴィレッタはディートハルトに討たれたりディートハルトのヌードシーンがあったりやはり本編と少し変わっています。)

 

んで、ゼロに新宿から散々ゼロに助けてもらってR2の最後で簡単に裏切るのですからホント屑です。(お前がそのままリーダーだったら新宿で全滅してただろ!!!)

 

扇には三部作のあとの続編ではきっちり死んでほしいですねはい。ギアスファンの8割くらいが思ってると思います。

 

続編の「Ⅱ 叛道」は2018年2月18日公開予定ですが、もう待ちきれませんね。そして総集編の3部作の次にも期待が高まります。

 

終わり

 

思い出補正かなと思っていましたが、やっぱり客観的に見ても06年~10年あたりのアニメは面白いと思います。今の深夜アニメは昔よりも量は増えましたが、質的には昔より落ちていますね。

 

とりあえず、面白いとか関係なくアニメ化する弾がないから手当たり次第にアニメ化しただけみたいな大人事情が透けて見えるものばっかりで嫌になります・・・。

 

まあそれはさておき、ギアスの同期であるOOやマクロスF・ハルヒ辺りも再映画化とかなんか動きが欲しいところですね。(OOとか今年で十周年ですし)

 

本編の総集編も気合が入っていて良かったのですが、早くルルーシュ生存確定ルートの三期が待ち遠しいです。

 

スピンオフでやってた亡国のアキトもそこそこ面白かったですが、やはりコードギアスはルルーシュあってのコードギアスだなぁ・・・と改めて感じました。

 

中二臭いんですけどあのしぐさとCV福山潤の声が最高すぎますね。(アキトで水・・・水って言ってたのは黒歴史で笑)