【アクセス解析】ブログ3ヶ月目のアクセス数

2016年11月に開いた当ブログも、2017年2月でめでたく(?)開設3ヶ月目を迎えました。

 

ネットでブログのアクセス数について述べている人の意見をまとめると、「ブログはとりあえず3ヶ月書けば人が来る」ということらしいですが、果たして本当にその通りなのか見ていきたいと思います。ちなみにアクセス数に関しては、SNSからの流入はほぼ0で99%がGoogleやYahoo!からの検索流入となっています。

 

ちなみに1か月目と2か月目のアクセス数については下の記事で書いています。

 

 

 

というわけで、注目の3ヶ月目のアクセス数はどうなったのかというと、

 

訪問者数:4017人

PV数:9778PV

 

自分的には、まあまあといった感じです。

 

正直言うとブログのネタ的にも1万行って欲しかったところなのですが、ちょっと足りませんでした。年始のアクセス数の落ち込みがなければ1万に乗っていたんですけどねー

 

ブログ収入についてアドセンスを張っていれば数千円というところです。ちなみに記事数について言及すると92日間毎日更新して大体1000字の記事を109個書きました。まあ普通に考えて労力と収入が全く見合ってませんし、趣味じゃないとやってられないレベルです(笑)

 

というわけで結論としては、完全な初心者でも3ヶ月毎日1000字くらいのボリュームのある記事を毎日投稿すれば、数千円の月収は稼げるということになります。

 

しかし、実際にやっている方は分かると思うのですが、ニートでもない限り毎日1000字くらいの内容のある記事を投稿するってものすごい労力のいる作業なんですよね・・・。いやほんとに・・・。

 

よくコンビニ本とかにはブログ収入で簡単にお小遣い稼ぎとか毎月5万稼げるとか甘い言葉の書いてある本があるのを見かけますが、断言します。ブログ収入は簡単に稼げません

 

じゃあなんで自分はこのブログやってるんだよって話なんですが、自分は株と統計について勉強していてその内容を備忘録代わりとしてこのブログに書いてるからです。

 

実際に100日毎日更新してて思ったのは、不労所得が手に入れられると思ってブログを始めると絶対にうまくいかないということです。趣味について語りたいとか、自分の勉強内容の見識を深めるためとかといった儲ける以外の他の動機がないと恐らく続きません。加えて、最初のほうはどれだけ気合の入った記事を書いても全然読んでもらえません。

 

結論としてはブログでまとまった額を稼ぐためには、「根気」と「努力」が必要ということですね・・・。

www.dmjtmj-stock.com

【アクセス解析】 ブログ開設2ヶ月目のアクセス数

こんばんわー、11月に開設した当ブログもあっという間に、開設2ヶ月目を迎えた次第です。そういうわけで、このブログの軌跡を残しておくという意味合いもかねてブログ開設2ヵ月目のアクセス数を報告いたします。

ブログ開設2ヵ月目のPVはどれくらいだったかというと

スイマセン、正確にはわかりませんでした・・・

おいおいどういうことだっとなると思うのですが、これにはちょっとした理由があるのです。私は先月のアクセス数報告ではてなブログのカウンターの数字を引っ張ってきていたのですが、

www.dmjtmj-stock.com

どうやらこいつは結構適当らしいのです。

私は今回が初ブログだったのでよく知らなかったのですが、グーグルには、ブログのアクセス解析のためのグーグルコンソール(旧ウェブマスターツール)とグーグルアナティクスというものがあり、そこにブログのURLを登録すると詳しい解析をしてくれるのです。

そういうわけで登録して、アクセス解析でPV数を見てみると、なんとはてなブログのブログカウンターの数の1,5倍くらいのPV数になってるんですよね。。。んじゃあ一ヶ月目も1300PVくらいだったことになります。

それはともかく、このブログをグーグルのアクセス解析サイトに登録したのが12月9日でそれまでの正確なPV数が分からないので、2ヵ月目のアクセス数はちょっと推測値なのですが、

大体ですが、5510PV でした。

まあぼちぼちですかね・・・

他のサイトでは2ヵ月目で数万PV達成とかしている所も結構あるみたいなので、とりわけ凄い数字でもないですし、だれも見てないからもうブログやめる!となる程の数字でもないので、ほーんこんな感じかというのが率直な感想です。

1日あたりで換算したら約180PVということで、とりあえず1日100PVは超えて初心者脱却したところです。もし、アフィリエイト広告を張っていれば、昼飯一回分くらいの報酬は発生したかもしれません。

まだまだ拙いアクセス数ではありますが、1ヵ月目の1000PVから5000PVと大きく飛躍したのでこの調子で行けば、とりあえずの目標である1ヵ月1万PVも夢ではなくなってきたかという感じですね。

ちなみに書いた記事の中でアクセス数が多かったのは、カジノ法案関連銘柄を特集した記事でした。12月の中ごろの採決するかしないかというニュースが出たあたりでバズるというレベルでもないのですが、1日のアクセス数の半分以上がこの記事の日も何日かあったりしました。

それからは一番人気の記事が総アクセス数の10%を占め、残りの株やらRやら統計学についての記事も毎日ぽつぽつ訪問してくれる方がいらっしゃる状況で、ひとつの記事に依存することなく、どの記事にも満遍なく人がきて、毎日100PVちょっとになる良バランス(?)な状態が続いています。

ちなみに記事更新は毎日1記事更新で総記事数は75記事になっています。ネットでちらっと見た話では更新頻度自体はあまりアルゴの評価には影響がないらしいです。あくまでアクセス数アップ=良質な記事を書く=やる気があって更新頻度が高い ということで更新頻度自体は関係ないみたいですね。

この話を見て、私も書き溜めてる記事を一気にドバっと公開しようかとも思ったりしましたが、一気に公開するとそこでブログのやる気が切れそうなので毎日1記事、コツコツやっていこうと思います。

とりあえず他の方の話では、100記事超えると世界が変わるらしいので、焦らずじっくりやっていこうと思います。では~

www.dmjtmj-stock.com

www.dmjtmj-stock.com

【ネタバレ注意】アウトレイジ最終章のあらすじ・感想

昨日アウトレイジ最終章を見てきたので感想書きたいと思います。

 

カンタンなネタバレ

 

大友はビヨンドで丸暴の刑事である片岡(小日向文世)を木村の葬式で射殺したあとチャン会長のツテで韓国の済州島に逃げます。

 

そしてそこで風俗店の管理をしている(昼間は市村と釣りしています)所から物語は始まります。

 

ある日客と派遣した嬢がトラブルになり大友が仲裁に向かいます。クレームの主は花菱会の幹部:花田(ピエール滝)、「花菱の花田やぞ!舐めとんのか!?」と凄む花田に「舐めてなんかいねーよバカヤロー!」と応酬する大友。

 

ここでアウトレイジのお約束であるバカヤロー節が炸裂!かっこいいです。その後、花田が後日代金を払うという形でその場は収まるのですが、花田は代金の回収に来た高を射殺して遺棄します。

 

この事件が花菱とチャングループの抗争の発端になります。

 

部下の高が殺されて敵討ちをしないのかと大友に迫る市川に「俺も色々考えてるんだバカヤロー」とキレる大友。

 

これ以上暴れてチャン会長に迷惑はかけられないと考えこの時点では大友は堪えます。

 

チャン会長も花菱会への報復などは考えておらずとにかく大友を暴れさせるなと部下のリー(白竜)に命じます。

 

一方花菱会ではビヨンドの布施会長(神山繁)に変わって新しく会長に就任した野村(大杉蓮)と若頭:西野(西田敏行)の間で内部対立が起きており、野村は西野が花田と同行してチャン会長に謝罪に行った帰りに西野を襲撃するように中田に指示を出します。

 

この襲撃が成功し、西野が行方不明なります。(本当は中田が西野裏切らず西野は表向き殺されたことにして身を隠します。)

 

中田と花田の嘘の報告を聞いた野村はすかさず報復に見せかけ、チャン会長(演:金田時男)を襲撃するように指示を出します。

 

そして、チャン会長は襲撃されますが李の助けもありなんとか難を逃れます。この知らせを聞いた大友は激怒、ついにチャン会長の何もするなという命令を無視し市川と共に動きだします。

 

大友が手を組んだのは西野、西野は大友に花菱会の会合の情報を流し大友はそこに市川と共にマシンガンで襲撃し西野・中田を除く会場にいた花菱会の若い衆をほぼ皆殺しにします。

 

そしてその後宴会に来ず難を逃れた野村を西野が捕まえ、大友に引き渡します。野村は「キャンプしよっか」と言われ車道に首から下を埋められた状態で放置され、その後トラックのタイヤに首を跳ねられてはグシャ…。

 

花田もホテルで楽しんでるところを大友に襲撃され、口に花火を入れられボンッ

 

これで今回の大友の暴走は終了したかと思いきや最後、大友は李と一緒にビヨンドのラストで木村を殺した山王会元会長:加藤の側近を殺害します。(ちゃんと木村の敵討ちをするところが大友の義理堅さが伺えます。)

 

そして、これ以上はチャン会長に迷惑がかかると大友に銃を向ける李(演:白竜)、大友は「あなたが手を下す必要はない」と自ら頭を撃ち抜き自害して物語は終了です。

 

感想

 

前作の怒号が飛び交うビヨンドとは打って変わり今作はソナチネを彷彿とさせる淡々とした展開でした。

 

ただ全員暴走というより大友が因縁のあった相手全員殺して自分殺して終わりってだけなのでキャッチフレーズとは少し違うなという印象は受けました。

 

というか予告でほとんど大切なところネタバレしてたので、展開にあまり意外性がありませんでしたね・・・・。

 

実質的に一番得をしたのは花菱会の中田と西野なのかもしれませんが、大友に若い衆を虐殺されたのでそこで痛み分けという感じなのでしょうかね・・・。

 

今回は北野映画感が前面に出ていて正直ビヨンドのエンタメを期待していた人には少し肩透かしの展開だったように思いますが、無印からアウトレイジを見ていた人にはこの結末は納得いくものじゃないかなと思います。

 

ただ気になったのは花菱会の西野と中田役を演じていた西田敏行さんと塩見三省さんがすごく弱弱しくなっていたことですね・・・。

 

前作のビヨンドで印象に残る怒号を飛ばしていた2人ですが、今作はすごむことはあってもやはり年齢による衰えを感じずにはいられませんでした。

 

特に塩見さんに至っては病み上がりだそうで、本当に頑張って撮影したんだと思います。本当にお疲れさまでした。

 

やはり最終章の撮影を延期せずにもっと早く作っておけば、ビヨンドのキャストももっとピンピンしていて、こういう滅びの美学とは違う展開になったんだと思うと少し後悔が残りますが、これはこれでありだと思います。

 

とはいっても、ジャ〇ーズや売り出し中の女性アイドルがおらず日本屈指の演技力を持つ名優オールスターだけの迫力ある演技が見られる稀有な作品ですので、一見の価値は間違いなくあるでしょう。

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/05/04/post-1050/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

 ミナピピンの徒然雑記帳 
ミナピピンの徒然雑記帳
https://tk-diary.com/2018/04/21/post-564/
ゲーム実況とか動画編集とかアニメについて語るブログです

 

 

【格安スマホ】U-mobile(ユーモバイル)の評判と評価

 

 

今日は、テレビCMや雑誌などでもよく見かける人気の格安SIM「U-mobile」の評判や評価ををまとめました。

 

 

・U-モバイルの概要

 

 U-mobileは、株式会社U-NEXTが提供する格安SIMで、低価格プランから大容量、使い放題プランまで一通りのプランが揃っている上、

 

 

音楽聴き放題の「USEN MUSIC SIM」や 高速データ通信を使い放題の 「U-mobile PREMIUM」、大容量の「U-mobile MAX 25GB」など他の格安SIMには無いコスパに優れる様々なプランが提供されているのが特徴の1つです。

 

 

U-mobileは、動画配信などを行っている株式会社U-NEXTの系列会社なので、U-NEXTポイントの付与や、U-NEXT光とのコラボ割引などもここにしかない特典です。

 

 

U-mobileの詳しいプラン内容と、ウワサのLTE使い放題の評判などについてチェックしましょう。

 

 

ソフトバンクのiPhone、iPad対応 格安SIMプラン

 

 

・U-mobile(ユーモバイル)の格安SIMプラン

 

 

 

U-mobileの料金体系は大きく7種類あり、それそれからMVNOで一般的な1GB/3GB/5GBのでプランと、二段階定額プランの「ダブルフィックス」に、それぞれデータ通信専用と音声通話用プランが用意しています

 

 

 

f:id:oruka199665:20170418162125j:plain

f:id:oruka199665:20170418162229j:plain

 (公式より抜粋、2017年4月現在)

 

一応、目玉はLTE使い放題ですが、その他にもスマホユーザーの多様なニーズに対応したプランが用意されており人気です。

 

 
その他にも、U-NEXTが運営するU-mobileならではのサービスとして、U-NEXT光とのコラボ割引やU-NEXTの動画サービスなどで利用できるポイントなども挙げられます。

 

 

音声通話のプランではU-NEXTポイントが毎月600ポイント付与されますが、U-NEXTの見放題プランに加入しているなら映画一本分が無料で視聴可能になります。

 

 

U-mobileのLTE使い放題でU-NEXTの動画を見放題!動画や映画を視聴したい人に最適のサービスが整っています。

 

 

他にもウィルス対策や端末保障などのオプションが整っていたり、U-NEXTストアに行けばプランの相談もできたり……こうしたきめ細かいサービスもU-mobile(ユーモバイル)が質の高いMVNOであることを示しています。

 

 

U-mobile(ユーモバイル)の欠点

 

 

U-mobileは速度がよく不安定だと言われます。混雑時には速度制限されているくらいの速度かつながらないといったこともあるようです。

 

 

まあ、回線を借りて商売をしているMVNOの宿命であると言えます。これはMVNOほぼ全ての会社で当てはまりますが、改善に向けての設備増強が進められているようです。

 

 

その点、独自の回線をもっているサブキャリアに位置づけられるUQモバイルYモバイルにはそのようなことがありません。(ただしちょっと高いです。)

 

 

tkdiary.hatenablog.com

 

 

またLTE使い放題のプランでも短期間に大量のデータ通信を行うと、一時的にではありますがデータ通信速度を128kbpsに制限されてしまいます。

 

 

なので、使い放題プランが人気の一方で、通信が安定しないために無制限でも意味がないという声が多くあります。ネットの評判によると、一日1GBを超えると規制がかかるという場合もあったようです。(公式サイトには、通信量の規制のはっきりとした数字は明記されていません。)

 

 

無制限のはずなのに、こうした規制を気にしながら使用しなければいけないというのは気になる点ではあります。新しく発表された「U-mobile MAX 25GB」については速度制限がかからないプランですので、今後人気が高まっていくでしょう。

 

 

まあ1日1GB以上使うってことは月30GB近く使うということなので、そういう人が25GBで満足できるかは微妙な気がするんですがどうなんでしょうか・・・?

 

また、U-mobileでは速度が出るときとでない時の差が激しいのが、ネックのようです。ツイートなどのレビューを見ると、0.5~1Mbpsの間の実測結果が多いようです。

 

 

YoutubeでHD画質を快適に見るのに必要な速度が4Mbpsなので、LINEやTwitterは問題なくても、動画などを見たらカクカクするというのは普通にあると思います

 

 

まとめ

 

まあこれまでの内容をざっくりまとめると、料金に対するデータ通信量やかけ放題については、格安SIM業界の中でもお得だと言えます。ただその代償として通信速度は不安定さは否めません。

 

 

ただバックにU-NEXTがいるので、動画配信サービスやポイントの恩恵が受けられますし、U-NEXTの他のサービスを使っている人には得だと言えます。

 

 

これはあくまで余談ですが、ここの会社名で検索するとサジェストの一番上が「解約」っていう不穏なワードです。他の格安SIMで会社名入れて補助候補の一番上が解約になるところは正直みたことがありません。

 

 

まあデータ使い放題とかでも通信が不安定なら意味ありませんしユーザー満足度が低いのかもしれませんね。

 

f:id:oruka199665:20170418165611j:plain

 

 

 

追記:格安SIMの仕組みについては、こちらの本が個人的にとても分かりやすかったので、「格安SIMに乗り換えを検討しているけれど、何を見て選べばいいかわからない」という方は是非一度読んでみて下さい。

 

格安の仕組みがある程度分かれば、より自分にあった格安SIMが選べると思います。

 

 

【アフィリエイト】忍者admaxは儲かるのか?

ブログに広告を張って、アフィリエイトでお金を稼ぐにはGoogleアドセンスやAmazonアソシエイト、A8netを始めとしたASPに登録する必要があります。

今日はその有名ASPの一つである忍者Admaxについて取り上げていきたいと思います。

・忍者Admaxとは?

30社以上の広告会社と連携し、RTB※1を通じてあなたのサイトの収益を最大化するSSP※2です。
表示報酬、クリック報酬、成果報酬の区別なくもっとも高単価な広告を選別して表示します。

※1 RTB……Real-Time Biddingの略。1インプレッション毎にリアルタイムで広告のオークションを行う仕組み。
※2 SSP……Supply Side Platformの略。広告収益最大化を支援するツール。

(公式サイトより抜粋)

・忍者Admaxは儲かるのか?

いきなり結論から言います。全然儲かりません

昔アドセンスが使えなかった間、月1万アクセスのブログに代わりに貼ってみましたが、300×250のデカ広告やインライン広告などを1ページに5個くらい貼って1日の収益が10円くらいでした。数字にすると0.03円/PVです。

ちなみに、その後アドセンス貼ったら1日100円で0.3円/PVだったので、収益性はアドセンスの10の1くらいです。逆にいえばアドセンスの方が10倍儲かるので、アドセンスが貼れないようなアダルト系のサイトでもない限り、やるメリットは全くないと思います。

忍者Admax張るくらいなら代わりにA8やAmazon張ったほうがマシです。それで1か月で商品が1個売れた方が儲かります。

後、上で忍者Admaxはクリックされなくても発生するインプレッション収益を特徴と書きましたが、一応アドセンスでもわずかながら表示されるだけでもらえるインプレッション収益があります。

もちろんクリック単価が1クリック数十円なので、クリックが大事ですが、クリックされなくても報酬は発生するのです。

そして、忍者Admaxのインプレッション収益はGoogleアドセンスのインプレッション収益よりもおそらく低いです。これに関してはあくまで体感なのですが、おそらく忍者の方が収益性が高いだろ!と反論してくる人もいないと思います。

なので、ブログを始めたばかリでクリックなんてされるかわからないPVだからと言って、忍者Admaxを使うのは個人的には愚策です。

忍者の収益なんてアドセンスクリック1つで元が取れるので、ブログを始めたばかりで収益化した気持ちは分かりますが、最初は記事数を増やしてブログコンテンツを充実させることを優先すべきです。

よくコンビニ本とかブログで月〇万稼ぐというような、まるでブログで簡単に副収入を得られるような見出しの本がありますが、ぞんな簡単にブログでお金は稼げません。飲食店などの商売は開店したら最初は物珍しさでお客さんがきてくれるのとは対照的でブログは最初は全然人は来てくれません。

ネットの海の孤島で数か月コツコツ書かなければ、収益がでるほどの人は来てくれません。そのプロセスに耐えられない人はブログよりもYoutubeとかやった方がいいと思います。

tkdiary.hatenablog.com
tkdiary.hatenablog.com

【スマホ】災害などの非常事態で格安SIMは大丈夫なのか?

 

最近、テレビでも格安SIMのCMがバンバン打ち出されて始め、今まで様子見していた人も本格的に殿様商売のキャリアからMVNO格安SIMに乗り換えを検討している人も多いと思います。

 

もしキャリアから格安SIMに乗り換えれば月々の支払いは圧倒的に少なくなり家計的にもとても助かりますよね?ですが、賢明な方なら考えることとして、安いものには必ず裏があるということです。

 

MVNOがこんなに安いのは、「回線が悪かったり、地震などの非常時にまともに機能しないからなのでは?」と考えて躊躇している人も決して少なくないと思います。

 

というわけで今日は、地震という非常時において格安SIMはどうだったのかを見ていきたいと思います。

 

モデルケースは、2016年に九州で起きた熊本大地震です。2012年の東日本大震災では、格安SIMはまだ普及していなかったのですが、熊本地震では一定数の格安SIMユーザーがいたため、震災時の格安SIMが陥る状態などの現状が見えてきました。

 

 

地震速報はなるのか?

 

キャリアの携帯は緊急地震速報で音が鳴りますが、SIMフリースマホの端末に格安SIMを差して使っている場合は緊急地震速報の音が鳴りません

 

ですが、災害情報アプリを入れたり、日本気象協会地震情報発信Twitterアカウント(@tennkijp_jishin)などをフォローするとTwitterアラートの設定ができるようです。( 例外として、キャリアのスマホ端末に同じキャリアの回線を利用した格安SIMを差している場合は音が鳴るようです。)

 

要するに工夫すれば地震速報がならないというデメリットは解消することができます。

 

災害伝言掲示板(ダイヤル)は使える?

 

格安SIMでは、安否確認の手段である災害伝言掲示板などは使うことができません

 

他にも固定電話では災害用伝言ダイヤル(171)が利用でき、ドコモ、auソフトバンク、ymobileなどのキャリアでは災害用音声お届けサービスという災害用伝言ダイヤルと同様のサービスが利用できますが、格安SIMの利用者はこれらのサービスを利用できず、音声で安否情報を残すことができません。

 

なので代わりに家族で、ツイッターやLINEなどのSNSで連絡できるようにしておく必要があります。

 

 

110番119番はできるのか?

 

音声通話付きのSIMであれば119番や110番の緊急通報の利用ができます。また緊急時に通話が混雑した場合は、MVNOはドコモなどキャリア回線と同等の規制が行われるので、格安SIMだから通話が通じないということはありません。

 

しかしMVNOの性質上、データ通信については全国で一度に利用できるデータ通信量に限りがあり、被災地以外のユーザーが回線の利用を妨げてしまうこともあるようです。

 

 

 

災害時の対応
 

災害時に通信環境や料金はどうなるのかですが、熊本地震の場合、各電話会社でどのような措置がされたのか見ていきましょう。

 

・キャリアの特別措置

NTTドコモでは2016年4月18日から4月30日まで契約プランのデータ容量を超えた場合でも速度制限なくデータ通信が利用可能、利用料金を窓口で支払っている場合に支払期限の延期、携帯端末の故障修理代金の一部を減額、付属品(ACアダプタ等)の無償提供、端末購入時の特別割引、契約事務手数料などの無料化などが行われています。他にも、ドコモの利用者に限らず誰でもWi-Fi通信が無料で使える臨時の公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)が設置しました。

 

SoftBankでは利用料金を窓口で支払っている場合に支払期限の延期や、端末の無償交換または一部減免などが行われました。

 

auでは利用料金を窓口で支払っている場合に支払期限の延期や、端末修理費用の軽減、携帯電話の貸し出しなどが行われました。

 

格安SIM(MVNO)

MVNOではmineoが2GBのパケットギフト(通信料2GB増量)の支援措置をしています。他MVNOにおいては特に特別措置はありませんでした。

 

 

まとめ

 

これらをまとめると災害時の措置の対応では、格安SIMMVNO)と契約しているとどうしてもサポートが手薄になってしまいます。なので、MVNOとの回線契約(格安スマホの使用)は、安い料金の代償として災害時にできないことがやはりある程度存在しているということです。

 

ただし、デメリットとして挙げた地震速報がならないことや災害伝言ダイヤルが使えないことの代替手段は見つけられますし、デメリットに対して対応策を講じる知識があれば問題ないと思います。

 

料金割引などに関してはその分キャリアは日頃からぼったくっているので、特にキャリアが格安SIMに対して秀でているわけではないと思います。

 

なのでスマホに対する知識がありSNSを頻繁に使っている人は、格安SIMに乗り換えるのはアリだと思いますし、逆に一々店頭ショップで店員さんにスマホの設定とかをしてもらっている人はキャリアの方がサポートしてくれますし、安易に格安SIMに乗り換えるべきではないというのが個人的結論です。